«  2016年6月26日 - 2016年7月 2日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2016年7月 2日

東洋経済オンラインの記事の中に
「歯を食いしばるクセがある人」に及ぶ悪影響という記事がありました。
記事の中に書いてあった悪影響は
①歯がすり減る、かける
②歯周病の治療効果が上がらない
③治療した部分が壊れる
④肩こりや頭痛の原因となる
です。
他にも噛みしめくいしばりで、自分の歯の根にヒビがはいってしまったり
根をわってしまう方もいらっしゃいます。

せっかくキレイに歯ブラシをして磨けていて虫歯、歯周病を防いでも
歯ぎしり噛みしめくいしばりで歯をダメにしていまうのは
もったいないですよね。

記事の中に歯どう対処したらいいかもかいてありました。
基本的な治療方法は「認知行動療法」です。
「リラックスして、歯を離す・脱力する・口を開ける」
などと書いたメモ紙を目につくところに貼ってみることから始めてみましょう。
自分自身が歯を接触しているということを
自覚して、構えすぎず、無理のない範囲で歯を
接触させないようにすることです、と紹介されていました。

みなさんも気をつけてみて下さい。

受付 リサ

2016年7月 1日

普段歯を磨くとき鏡を見たり、磨いていない時でも
一日一回はお口の中を観察してますか?

歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目はスッキリしていますか?

歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目に汚れが残ったままになると
唾液の成分と混ざり合い柔らかい歯垢が硬い歯石になってしまいます。

こうなると歯ブラシでは落とすことができません。

歯石の構造は軽石のように無数の小さい穴が開いていて
その穴に細菌が潜んでいます。

歯石は細菌の住処になり、お口の中の環境がどんどんと
悪い方向に向かってしまいます。

歯石になってしまう前の柔らかい汚れ(歯垢)のうちに
うまく歯ブラシで取り除いてあげることがとても大事です。

磨き方の癖や、歯並びでお口の中は一人一人違います。
ご自身のお口の中、歯の並びはどうなっているか
歯が一本一本綺麗にお掃除できているかなど鏡で観察し、
ご自分の歯はご自分で守っていきましょう。


歯科衛生士  マヤ

2016年6月27日

先日、朝日新聞デジタルの記事の中に
「夫の口臭、気になる妻は8割超 歯科医師会が調査」
というのがありました。

夫の口臭が気になる妻は8割を超す一方、
妻の口臭が気になる夫は6割とする調査結果を
日本歯科医師会がまとめたそうです。
年齢を重ねるごとに夫は妻の口臭を気にしなくなるが、
妻は夫の口臭がずっと気になっているという傾向もみられたそうです。

お互い、相手に不快な思いはさせたくないですよね。
口臭は自分で気づきにくかったりもします。
ナイーブな問題ではあるかと思いますが、
お互いで気にするようにするのも一つかと思います。

当院では、夫婦やご家族で一緒に検診クリーニングに
いらっしゃる方が多いです。
お互いのお口の健康を思いやっていると思うと
とても素敵な家族だな、と微笑ましく思います。

受付 リサ

« 2016年6月19日 - 2016年6月25日 | メイン | 2016年7月 3日 - 2016年7月 9日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰