«  2016年8月28日 - 2016年9月 3日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年8月31日

定期検診などでお口の中を観察したときに
治療で銀色の詰め物やかぶせ物をしている方を多くみます。

銀色の詰め物では歯に合っておらずその隙間から
細菌が侵入しむし歯になっている方や、
見た目ではわからなくても詰め物の下でむし歯になっている方が
とても多いのです。かぶせ物でも同じことが言えます。

詰め物やかぶせ物をしてある歯は、治療した歯です。
治療した歯は治療していない歯に比べてむし歯になりやすいです。

それは歯と詰め物のつなぎ目がどうしてもできてしまい
目に見えない細菌がその隙間に入り込みます。

うまくお掃除ができれば細菌もおとなしいので
簡単にはむし歯にはなりません。

ですが、治療を終えて定期検診にも通わず、毎日の歯磨きを
おろそかにしてしまうと簡単にむし歯になってしまいます。

一度鏡でお口の中を観察して今自分のお口の中がどのような状態なのか
チェックをしてみましょう。

そして定期検診やクリーニングでチェックを受けることを
お勧めします。

歯科衛生士  マヤ

親知らずや、虫歯で
歯を抜かなくてはならなくなった場合
その歯はドコに行くのでしょうか?


医療廃棄物として回収されます。
血液など、ついているので衛生面上
しっかりした状態で回収されます。


歯の状態が良い物は
保存されるパターンが多いのです。
保存された歯は、医学生の実習用や研究用に
使用されます。


患者さんに、お渡しする場合
『記念に持ち帰りたい。』と
おっしゃって頂ければ、必ずお持ち帰り出来ます。

なので、歯を抜いたあと、
お持ち帰りしたければ、
可愛いケースに入れてお渡し致しますよ。

歯科助手 ユキ

2016年8月30日

前回"ひみこの歯がいーぜ"の前半部分について書きましたが
後半の続きの部分を書きますね。

歯・・・歯の病気(むし歯・歯周病)を防ぐ
  よく噛むと唾液がたくさん出ます。このだ液がお口の中の
  ばい菌を洗い流すのに一役買っています

が・・・ガンを防ぐ
  唾液に含まれるぺルオキシダーゼという酵素には
  物質の発ガン作用を消す働きがあります。
  食べ物をよく噛んで食べることで食べ物の発ガン性を
  抑えることができます

い・・・胃腸の働きをよくする
まず一番最初の消化器官は"胃"ではなくて"口"です
  食べ物をよく噛まないと胃腸への負担が大きくなり、
  栄養の偏りの原因にもなります

ぜ・・・全身の体力向上
  奥歯でしっかり噛めることで姿勢を安定させ
  力がわきます

古代人は硬い木の実などを常食としていたので
今の人に比べると噛む回数が何倍も多かったのですが
現代では加工されすでに柔らかくなった食事が多く
噛む回数が減っています。
食事を摂るときには簡単に食べれるものだけではなく
噛みごたえのある物を1品加えたり
野菜やお肉の切り方、調理の仕方も工夫をして
ゆっくりよく噛んで食べるということを
意識していくといいですね。

歯科衛生士 マキ

 

毎日食事をしたり、運動をしたり、会話をしたりなど
歯は私たちにとってなくてはならないものです。

うまくお掃除をしていたとしても、かみしめ、歯ぎしりをしていれば
歯がすり減ってしまい、すり減った分はもう元に戻っては来ません。

また、歯磨きの癖で同じところをずっと磨いていたり
歯ブラシを強く押し付けて磨いていると、歯に傷がついたり
してしまいます。

また、どんなにうまくお掃除をしている方でも
ご自身だけでは落としきれない汚れもあります。

歯はしっかり自分で管理をしていけばむし歯、歯周病にはなりません。
ただこれを自分一人でやろうとすと限界はあります。

なので歯科医院で3~4か月ごとに歯の定期検診を受ける
ことが大切です。

お口は生きるための入り口です。
毎日元気で健康に生活していけるよう
ご自身の歯を特別扱いしてあげてください。


歯科衛生士  マヤ

« 2016年8月21日 - 2016年8月27日 | メイン | 2016年9月 4日 - 2016年9月10日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰