«  2016年10月 8日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年10月 8日

友人の「種類」が多い高齢者の方は健康な歯が多いと
東北大学などの研究でわかったそうです。
「種類」とは幼馴染や仕事の同僚、近所の人などだそうです。
種類の豊富さと、調査時点で残っている歯の本数について
関連を調べたそうです。
その結果、歯が20本以上残っている人の割合は
友人がいない人では25%だったのに対し、
友人が3種類以上の人では40%を超えていたそうです。
一方、歯がない人の割合は
友人がいない人では、2種類以上に比べて2倍だったそうです。
年齢や経済状況などの影響を除いても
友人の「種類」が豊富なほど歯の本数が多かったそうです。
異なる背景の人とつながっているほど
口コミなどで健康について情報を
多く得やすいためではないか。と分析されていて、
歯の健康を考えれば、友人は3種類以上いるといいとのことです。

私も歳を重ねるにつれ、友人たちとの会話では
健康のこと、ここの病院がいいよ、など話す機会が増えてきました。
確かに友人の種類が多い程、いろんな情報が得られますね。

受付 リサ

« 2016年10月 4日 | メイン | 2016年10月11日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰