«  2016年10月16日 - 2016年10月22日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年10月20日

ガムに入っているキシリトール
キシリトールは 樺や樫など樹木からとられる
キシラン ヘミセロースを原料とした甘味料です。
キシリトールは虫歯の原因である
ミュータンス菌の活動を弱め、
カルシウムなどのミネラルを安定させる
作用があることが報告されています。
キシリトールは虫歯予防の他に
唾液の分泌を増やす効果もあります。
唾液が少ないと汚れてを流すことが出来なくなり
お口の中が乾きやすくなります。
また、虫歯になりやすくなります。
虫歯にならないためにも、
上手くキシリトールを取り入れ
唾液の分泌を良くして
お口の中の環境を整えましょう。

歯科助手ユキ

東洋経済オンラインの中の記事に
「眠れない人が知らない「噛み合わせ」の真実」というのがありました。
「噛み合わせ」と「歯並び」は全く別物で歯並びが良くても
噛み合わせが悪い人もいるのだそうとのことです。
記事の中で
「噛み合わせの悪さはまだ一般的には知られていませんが、歯は全ての臓器、骨格と密接に関連しているので、心身のあらゆる疾患につながってしまう可能性があるのです。もちろん不眠にもつながります」とも書いてありました。
他にも噛み合わせについてのことがいろいろ書いてありました。
良かったら読んでみて下さい。
http://toyokeizai.net/articles/-/140729

受付 リサ

2016年10月17日

実は歯肉にも足裏と一緒で、全身につながる"ツボ"があります。
そのツボを軽くマッサージして刺激することで
全身の内臓を活性化させたり
自律神経のバランスを整え、リラクゼーション効果も期待できます。

また、歯肉には細い血管が密集しています。
マッサージをすることで血液やリンパの流れが良くなるので
歯肉の色も良くし、引き締めてくれる効果もあります。

当院ではPMTCのクリーニングを受けられた方に一緒に
歯肉マッサージも行っています。
皆さんも気持ちのいいクリーニングと一緒に
リラックスできるマッサージも体験してみてください。

歯科衛生士 マキ

皆さん、毎日の歯磨きが習慣になっているかと思いますが、
習慣だからこそ無意識になっていませんか?

無意識にうまくお掃除ができていればよいのですが、
なかなかそこが難しいところで、長年の磨き方の癖や、
かぶせ物をしたり、詰め物をしたりすると今までの磨き方を少し変えたり
していくことがあります。

例えば、今まで歯ブラシ一本でしかお掃除してこなかった方。
やはり歯と歯の間の汚れが目立ちます。
かぶせ物をした場合、歯と歯の間の汚れがあると
かぶせ物とご自身の歯の土台の隙間からむし歯に
なってしまうことがあります。

また同じ歯ブラシを何か月も使用していると、
歯ブラシの一本一本の毛に目には見えないばい菌がついているので
ばい菌を擦り付けながらお掃除をしている状態です。

やはりこれだけではお口の中は綺麗にはなりません。

歯ブラシは最低でも2週間で交換し、
ご自身の歯の並びや歯の向きを鏡で観察したり、
見えないところは舌で触ってみたりして歯ブラシを当てていきましょう。

歯と歯の間は、つっつき磨きやデンタルフロス(糸ようじ)を
歯の面に沿わせて歯の面にこびりついた汚れを落とします。

毎日一生懸命磨いていてもそれが磨けているとは限りません。

きちんと磨けているか歯科医院で検診を受けて、
磨き残しやすいとこをがあれば、まずはそこを意識してブラシを当てて
お掃除をしていきます。

少しでも意識してお掃除するだけでお口の中は変わっていきます。
お口は健康の入り口です。
毎日感謝しながら歯を磨いてみるといいですね。


歯科衛生士  マヤ

« 2016年10月 9日 - 2016年10月15日 | メイン | 2016年10月23日 - 2016年10月29日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰