«  2016年11月 1日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2016年11月 1日

プラークを放っておくとどのような危険性があるのかお話します。

プラークを放っておくと歯と歯ぐきの境目の溝(歯肉溝)がプラークの
毒素によって歯ぐきの細胞が壊されてしまいます。
壊されて病的になった歯肉溝を「歯周ポケット」と言います。

この歯周ポケットは歯ぐきが歯からペロンと剝がれてできたわけではなく
歯ぐきの細胞同士が離れてできる亀裂なのです。

この亀裂の断面から体の中に細菌が侵入しないように
歯ぐきの細胞がどんどん根元の方へと下がっていきます。

このためプラークを放っておくと、(うまく歯ブラシで汚れを落とせていないと)
歯周ポケットが深くなっていきます。

どなたにでも歯と歯ぐきの境目には1~3mmの溝があります。
4mm以上になると歯周病の範囲になります。

「毎日朝、昼、夜磨いています」
という方でもお口の中を拝見させていただくと
歯と歯の間にはプラークが溜まっていたり
磨き残しが唾液の成分と混ざり合って歯石になっていたり・・・
磨いているけど磨けていないというのが現状です。

歯ぐきが腫れている方は
歯ブラシを新しくして、プラークの量を減らせれば
歯ぐきの腫れもおさまります。

歯磨きは歯の面についたプラークを落とす掃除でもありますが
歯磨きをすることで歯ぐきのマッサージにもなります。

歯ブラシで歯ぐきにある程度の刺激を与えることで
ブヨブヨと柔らかい歯ぐきもキュッと引き締まり、健康的な歯ぐきになります。

今の磨き方でしっかりプラークを落とせているかどうか
私たち歯科衛生士がチェックします。

ご自身のお口の健康、体の健康のためにも歯科医院での
定期的な検診を受けましょう。


歯科衛生士  マヤ

« 2016年10月31日 | メイン | 2016年11月 8日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰