«  2017年1月19日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年1月19日

前回の続きです。

むし歯の予防をしていくには

・フッ素の入った洗口剤や歯磨剤を使用する。
(個人差はありますが毎日使用することで
歯を強くしてくれる効果があります)

・時間を決めた規則正しい食生活
(時間を決めず食事をしたり間食を頻繁にダラダラ摂ってしまうと
だ液が常に酸性の状態で歯が溶けやすくなります)

・うまくお掃除をすること(歯垢の除去)
(ただ磨くのではなく磨けているかがポイントです)

むし歯発生の要因として
むし歯菌がいること、むし歯菌が歯を溶かす酸を作るもとの糖分(飲食)、
酸に溶けやすい歯の質、初期のむし歯を治す力のあるだ液の質と量
などがあげられます。

まずは定期検診でお口の中の状況をご自身で把握すること
検診でどこが磨けていないのか、どこが苦手なところで
どこが汚れが溜まりやすいところなのかなども把握して
歯ブラシだけではなくデンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシの併用など
お口の中の環境を良い状態にするために使用していくことも大切です。

いつまでもご自身の歯で生活していけるように
むし歯の治療で歯医者さんに行かなくて済むように
ご自身でお口の管理ができるようにしていきましょう。


歯科衛生士  マヤ

« 2017年1月16日 | メイン | 2017年1月20日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰