«  2017年1月23日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年1月23日

ど.png①診断の重要性
先日たまたまテレビで、
NHKの「総合診療医 ドクターG」という番組を見ました。
3人の研修医が回答者となって、
与えられたいろいろな手がかりをもとに病名を推理し、
診断を下すという番組です。
その姿はまるで真犯人を探す探偵のようでした。

診断は全ての治療において必要な"最初の一歩"です。

診断とは、できるだけ客観的にわかる手がかりをもとに、
何が起きているのかを調べ病名を付けることです。
診断を大きく間違うと、その後の治療によって問題が解決しないだけでなく、
別の問題が新たに生まれることもあります。
結果が大きく違ってくることがあるため、診断ではその見極めが重要なのです。

われわれ初谷歯科医院では、診査・診断をもとにまず説明。
そして患者さんといっしょに解決方法を考えます。

歯科医師 佐竹和久

最近は歯と身体全体の関係が次々と医学的に検証されてきました。
京都大学の研究グループによると、
歯の無い数と動脈硬化の程度に相関性があるとの研究が出てきました。
実際の歯科健診による喪失歯数と動脈硬化を測定したものを解析したものです。
それによると、特に男性にその傾向が強いということのようです。
やはり喫煙や飲酒などの。
ですから、口腔内のメンテナンスを行って
常に口腔内を良好な状況にしておくことが
即ち動脈硬化の予防にもつながっている可能性があるということですよね。
定期検診とメンテナンスは一生必要ですよ!

受付

« 2017年1月20日 | メイン | 2017年1月24日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰