«  2017年2月12日 - 2017年2月18日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2017年2月16日

前回ご紹介した
唾液の働きについて
他にもご紹介いたします。
 
3つ目。
お口の中は傷つきやすい組織のため、
唾液が熱い物、冷たい物、辛いものなど
刺激物を食べた時に
傷がつかないように守る働きをしてくれます。

4つ目は、
唾液は、味を感じる時にも働いてくれます。
舌には味を感じる細胞があります。
唾液で食べ物を分解し、
舌に多くの味の成分を浸透させることができます。

また、唾液がでることによって
良いことがありましたら、
ブログでご紹介したいと思います。

歯科助手 ユキ


数か月前にちゃんと歯磨きをしているのに
着色が前歯に着いてしまうと悩んでいる方が
クリーニングを希望して来院されました。

まずは全体を赤く染めだして
歯磨きの出来具合を確認してみると
奥歯の部分はそんなに赤くならないのに
前歯の部分だっけ真っ赤!
本人も前歯もちゃんと磨いているはずだったのにと
ショックを受けていました。

けれど、お掃除の仕方がそんなに悪いわけでもありません。
なぜ前歯だけ汚れてしまうのでしょう?
ここで患者さんにいくつか質問をしました。
口が開いたままになっていることがないか?
口で呼吸をしていないか?
鼻炎で鼻がつまりやすくないか?等

この方の場合小さいころから鼻炎で鼻がつまりやすいと
おっしゃていました。
口呼吸になっているという自覚はないようでしたが
鼻炎の方は無意識に口呼吸になっていることが多いです。
そこで"あいうべ体操"と口が無意識に開いているようなら
意識して閉じて、鼻で息をする習慣をつけることをおすすめしました。

それから3カ月後に来院されました。
以前は3カ月くらいで着色が着いてきていたということでしたが
着色汚れはほとんどついていない状態でした。
患者さん自身お掃除の仕方は変えてないのに、体操と習慣を
意識するだけで変化がでるとは驚いていました。

次回"あいうべ体操"の詳しい内容についても紹介します。


歯科衛生士 マキ

« 2017年2月 5日 - 2017年2月11日 | メイン | 2017年2月19日 - 2017年2月25日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰