«  2017年2月26日 - 2017年3月 4日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2017年3月 4日

写真がうまく貼り付けできないので、
Facebookでご覧ください。

https://www.facebook.com/初谷歯科-323515947753651/

ダイレクトボンディング
聞き慣れない言葉かもしれません。

一般的に言うと、
「プラスティック詰めときますねぇ〜」っていう治療のことです。
コンポジットレジン修復とも言います。

じゃあ、なんでわざわざ『ダイレクトボンディング』なんていうのか?

それは、こだわりがあるからです。

写真は術前術後です。
術前も、自費でプラスティックを詰めたそうです。
ヘリも合ってないし、色も合ってないし、形もいびつ。

プラスティックとは言え、しっかりとラバーダムをし、確実な接着操作を行い、
マイクロスコープをを用いることで、天然歯のような仕上がりになります。
そして、一番のメリットは歯を削る量が圧倒的に少なくなるという点。

歯は削れば削るほど弱くなり、寿命は短くなります。
なので、歯を長持ちさせるためには、
①歯を削る量を少なく
②高い適合精度
の2点が、重要になってきます。
この2つを兼ね備えたのが、ダイレクトボンディングです。
ただし、非常に,テクニックセンシティブで、キレイに仕上げるのはとても難しいです。

皆さんは,どんな治療を受けたいですか?

歯科医師 中山大蔵

濱田 弘美_2016.04.11_A002.jpg

2017年2月27日

最近、患者様とのお話の中で、
歯医者にもっと早く通っていれば良かった。
最初から初谷歯科医院にきていれば。。。
などのお声を頂きます。
また、年を重ねてから若いうちにやっておけばランキングや
今のうちからやるべきランキングなどの記事をみても、
歯科に通うことが上位にあります。
なぜか。
大体の方が歯が痛くなってから、歯科医院に行く方が多いかと思いますが、
虫歯や歯周病は発症したとき痛みを感じない方が大半です。
痛くなってからは手遅れということもあり得ます。
なので、日頃から定期的に検診クリーニングに通い、
プロの目で異常がないか確認してもらうことが大切です。
あの時行っていれば。。。
今人気のドラマみたいに
タラレバにならないように今から気をつけましょう!

受付 リサ


冷たいものを飲んだり食べたり、
お口を開けたときに冷たい風でしみたり...

瞬間的に感じる鋭い痛みやしみる場合それは
知覚過敏かもしれません。

知覚過敏は歯の表面のエナメル質が傷ついたり欠けていたり
釣り減っていたりするとその下の層の象牙質という部分が露出します。
歯自体が細い管の集まりで構成されていて、歯の中心にある神経の部分に
つながっています。なので冷たいもの熱いもの、
酸っぱいもの甘いものや歯磨きなどの刺激によって神経が刺激され
しみる症状が出ると言われています。


次回象牙質が露出してしまう原因についてお話します。


歯科衛生士  マヤ

« 2017年2月19日 - 2017年2月25日 | メイン | 2017年3月 5日 - 2017年3月11日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰