«  2017年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年3月27日

先日親知らずを抜いた患者様が来院されました。

抜いた後痛みや腫れがなかったか質問したところ、
「抜いた後はほとんど痛みもなく昨年反対側の親知らずを
抜いたときより傷の治りがとても早かったです。」
とのことでした。

お口の中を拝見すると、初診時に比べとてもうまく
お掃除をされておりお口の中がとてもスッキリとしていました。

こちらの患者様は昨年親知らずを抜いた時は
頑張ってはいましたがなかなかうまく汚れ(歯垢)が落とせていませんでした。

それからむし歯の治療と並行してブラッシングの指導を
させていただいていました。
患者様も毎回ブラッシングの説明に頑張ってついてきてくださいました。

先日の親知らずを抜いた時には、ほぼうまくお掃除がされており
一部磨き残しが多いところがありました。

親知らずを抜いた後消毒とPMTCのクリーニングで
ご来院されお口の中を拝見した際、
赤染(磨き残しチェックの染色液)をしなくても
お口の中がスッキリとしていて、前回磨き残しが多くあったところも
改善されていました。
実際に赤染をしても汚れの量も少なく
ほとんど汚れがついていませんでした。

クリーニングが終わり、お帰りの際に患者様が
「これからは歯を大事にしていこうと思います。」
とおっしゃいました。

うまくお掃除ができるようになり患者様が自身の
お口の管理ができるようになったこと、
患者様の意識が変わったこと、とても嬉しく思いました。


歯の治療も大事ですがその前に
ご自身のお口の中がうまくお掃除できなければ
治療や検診に来院してもまたむし歯や歯周病になってしまいます。

そしてお口の中の環境が悪ければ歯を抜いた後の
傷の治りが遅かったり、全身疾患の原因にもなります。

歯を大切にするということは全身の健康を保つことにもつながります。

今回のような患者様が今後増えていくように努めていこうと
改めて感じた日でした。


歯科衛生士  マヤ

2017年3月25日

当院では、唾液検査を行っています。
検査は、5分ですみ、結果もすぐわかります。
検査をうける1時間前には飲食や歯ブラシは避けて下さい。

お口の中は、その方の体質によって様々です。
検査を行うことによって、ご自分の虫歯や歯周病のリスク、
清潔度を知ることが出来ます。

ご自分のお口の状況を知る為にも
ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?
今後の対策にも役立ちます。  

歯科助手 ユキ

2017年3月23日

先の東北大震災後の高齢者の歯の状況が、
東北大学の調査で発表されました。
それによりますとやはりストレスや食事の変化、
歯の手入れが出来なかった・・・、などの影響で、
歯を失った率が震災前と比べると大きかったようです。
特に経済状況が悪化すると
歯を失うリスクが大きくなったということです。
精神的健康だけでなく、
歯の健康も悪化しやすいということが明らかになりました。
避難道具の中には必ず歯ブラシなどの
口腔ケア用品を入れておく必要があるということですね。
備えは大丈夫ですか。

受付

2017年3月21日

やっと日中は暖かくなってきましたね!
嬉しいかぎりです。
さて、学生の皆さんはもうすぐ春休みですね!
早い方はもう春休みにはいっているでしょうか。
普段、幼稚園、学校や部活、お稽古で日中お忙しくしていると、
なかなか歯科医院にいけなかったりすると思います。
なので、学校がお休みの期間に
検診クリーニングに行っておきましょう!
治療が必要な場合は、学校がはじまってしまうと、
また行きづらくなってしまうので、
春休み中に済ませておけるといいですね。
子供の頃から、検診クリーニングに行く
習慣を身につけ、大人になっても行くことが当たり前になり、
一生自分の歯で過ごせるようになりましょう!

受付 リサ

2017年3月17日

親から子へは虫歯は遺伝しません。
歯並びや歯の質が遺伝することはありますが、
両親がどんなに虫歯が多くても
子供には遺伝しません。

では、なぜ虫歯になるのでしょう?
虫歯の原因は、人からの感染です。

主な感染源は、親からの
お箸の共有や噛み与えなどです。
これは、両親が持っている虫歯菌が
間接的に子供に感染してしまうのです。
そのことが、
子供に虫歯をつくる
原因となってしまいます。

お箸の共有などは控えた方が子供のためです。

歯科助手 ユキ

以前"あいうべ体操"について少しお伝えしましたが
あいうべ体操は口周りの筋肉や舌を鍛える体操です。
「あーいーうーべー」と口をゆっくり大きく動かしながら
1日30回くらいを目安に行うと効果があります。

口を閉じる筋肉や舌の筋肉意識して鍛えることで
口を閉じ、鼻で呼吸する習慣ができます。
口周りの筋肉を動かすことでだ液の流れも良くなり
前回お話した着色の予防やむし歯や歯周病の予防にもつながります。

歯科衛生士 マキ


2017年3月14日

前回の続きです。

知覚過敏のケアなどについてお話しします。

まず初めは毎日使用している歯磨き剤を、知覚過敏専用の歯磨き剤に変えてみます。
しばらく使い続けることで効果がでてきます。

また歯ブラシは普通の方さでゴシゴシ強く磨かないこと。

それでも変わらなければ歯科医院でチェックをしてもらい
歯のつけ根が欠けていたり詰め物が欠けていることもあります。

その場合は欠けているところをプラスチックの詰め物で
コーティングをするようになります。

まずは歯科医院でチェックをしてもらいましょう。


歯科衛生士 マヤ

2017年3月 6日

タイトルの記事が日本歯科新聞に掲載されていました。
日本人の国民病として注意喚起されている歯周病が
犬の口内の病気で最も多いそうです。
なんと、人間の約5倍の速さで
歯垢が歯石に変化しやすいそうです。
よく私たちが目にするオーラルケア用品のライオンは
ペット用の歯科用品を充実させたそうです。
嚙むことで歯垢を除去できる
ささみジャーキーなどあるそうですよ。
大切なペットの口腔管理もしっかり行いましょう!

受付 リサ

前回の続きです。

なぜ象牙質が露出してしまうのか?
原因はいくつかあります。

歯はエナメル質という硬い組織で覆われています。
噛みしめ、歯ぎしりなどで歯が揺さぶられると歯の付け根が
ぽろぽろとがけ崩れのように欠けてしまい象牙質が露出してしまいます。

また毎日習慣的に黒酢などのお酢を飲んだり、
梅干しなど酸っぱいものを食べたりしていると何年も時間をかけて
エナメル質が溶かされ象牙質が露出することがあります。

また歯ぎしりで歯の咬む面が減り象牙質が露出することがあります。

象牙質に近くなればなるほど神経に近くなります。
次回知覚過敏のケアの方法についてお話します。

歯科衛生士 マヤ

2017年3月 4日

写真がうまく貼り付けできないので、
Facebookでご覧ください。

https://www.facebook.com/初谷歯科-323515947753651/

ダイレクトボンディング
聞き慣れない言葉かもしれません。

一般的に言うと、
「プラスティック詰めときますねぇ〜」っていう治療のことです。
コンポジットレジン修復とも言います。

じゃあ、なんでわざわざ『ダイレクトボンディング』なんていうのか?

それは、こだわりがあるからです。

写真は術前術後です。
術前も、自費でプラスティックを詰めたそうです。
ヘリも合ってないし、色も合ってないし、形もいびつ。

プラスティックとは言え、しっかりとラバーダムをし、確実な接着操作を行い、
マイクロスコープをを用いることで、天然歯のような仕上がりになります。
そして、一番のメリットは歯を削る量が圧倒的に少なくなるという点。

歯は削れば削るほど弱くなり、寿命は短くなります。
なので、歯を長持ちさせるためには、
①歯を削る量を少なく
②高い適合精度
の2点が、重要になってきます。
この2つを兼ね備えたのが、ダイレクトボンディングです。
ただし、非常に,テクニックセンシティブで、キレイに仕上げるのはとても難しいです。

皆さんは,どんな治療を受けたいですか?

歯科医師 中山大蔵

濱田 弘美_2016.04.11_A002.jpg

« 2017年2月 | メイン | 2017年4月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰