«  2017年6月19日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2017年6月19日

歯が痛くて歯医者に行き、痛みがなくなったから
行かなくなったというお話をたまに耳にします。

自己判断で治療を中断してしまうと、治療のやり直しが
必要になったり、治療費用や期間が余計にかかってしまう場合があります。

それぞれの症状で治療を中断すると・・・

歯周病の治療を中断すると
歯周ポケットの中により細菌が溜まり、口臭がひどくなり
以前よりも悪化して最悪、歯を抜くことになる場合があります。

歯の根(神経)の治療を中断すると
歯の根の治療は回数のかかる治療です。神経を取った管に
細菌が侵入し根の先に膿をもち、腫れたりひどい痛みの原因になります。

仮歯のまま中断すると
仮の歯なのでプラスチックで汚れも付きやすく
本物の被せものに比べ強度もあまりありません。
むし歯やにおいの原因、かみ合わせに影響することもあります。

歯を抜いたまま放置すると
両隣の歯が傾いてきたり、下の歯を抜いたままにした場合
上の歯が下がってきてしまう場合があります。

被せもの等を入れず放置すると
歯の根の治療をして土台まで立てた後、被せものをせずに
そのままにしてしまうと歯と詰めた土台から細菌が侵入し
むし歯になったり歯が欠けたり、かみ合わせに影響を
及ぼすことがあります。

事情があってしばらく通院できない、通院回数を少なくしたいなど
ご要望がございましたら気兼ねなくお知らせください。

歯科衛生士 マヤ

« 2017年6月12日 | メイン | 2017年6月22日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰