«  2017年7月 9日 - 2017年7月15日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年7月10日

歯の表面に付いている汚れ、歯垢(プラーク)
皆さんどこかで聞いたことあると思います。

歯垢はただの白い汚れ、食べかすと思っている方も多いと思いますが
実はものすごい量の"細菌の塊"なんのです。
1mgの歯垢の中には数億~10億の細菌が潜んでいると言われています。
なので口の中全体で、と考えると・・・
想像以上に多くの細菌が口の中で生息していることになります。
恐ろしいですね。

肉眼では歯垢の中に潜んでいる細菌見ることができません。
そこで登場するのが位相差顕微鏡です。。
当医院では皆さんのお口の中から実際に歯垢をとって
約4000倍の大きさにした細菌をモニターで見ていただきます。
実際に動いている細菌を見れるので
衝撃的過ぎてスマホで写真やムービーを撮って帰る方もいます。
皆さんも自分の歯の表面にはどんな細菌が潜んでいるのか
実際に目で見て衝撃体験してみませんか?
歯磨きに対する意識も変わる、いいキッカケになりますよ!

歯科衛生士 マキ

歯間ブラシの使い方と注意事項についてご紹介します。
 
歯間ブラシの使い方は、
ゆっくり外側から歯間に挿入し、ブラシを細かく前後に動かしてください。
同じ様に歯の内側からも挿入し、プラークを除去しましょう。
使用後はブラシをすすぎ洗いし、乾燥させてください。

歯間ブラシの使用に際しての注意事項は、
歯間が狭くて入りにくい場合は無理に差し込まないでください。
傷になってしまう可能性があります。
繰り返しの使用でブラシが乱れてきた場合は、早めにお取替えください。

当院では歯科衛生士が
患者様に合った歯間ブラシの使い方・サイズを指導しますので、
自分に合った歯間ブラシのサイズで
使い方をマスターしてお口の中を清潔に保ちましょう。 


歯科助手 ユキ

2017年7月 9日

歯磨きをすると歯ぐきから血が出ること、ありませんか?

毎日仕事などや飲み会で夜が遅かったり、
疲れて歯磨きがおろそかになっていたりしませんか?

歯磨きをして歯ぐきから血が出るということは
ここに細菌がいて炎症が起きていますよ!と
体からSOSのサインが出ているのです。

2.3日お掃除を頑張ったからすぐに歯ぐきから血が出なくなる
というわけではなく、やはり毎日最低でも一日二回うまくお掃除できる
のが理想です。

それも難しいという方は一日一回しっかりお掃除をしていければ
良いでしょう。
ですがこれはもともとの歯ぐきの状態がある程度落ち着いていて
お掃除もうまくされている方に言えることですので、
ひどくなってしまっている方は歯科医院で歯のお掃除の方法や
歯科衛生士にご自身では掃除できないところを掃除してもらいましょう。


歯科衛生士 マヤ

« 2017年7月 2日 - 2017年7月 8日 | メイン | 2017年7月16日 - 2017年7月22日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰