«  2017年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2017年11月27日

虫歯の種類の続きをお伝えします。

C2
虫歯が象牙質にまで達し
歯の表面が黒く見えている状態。
食べた時に
痛みを感じることもあります。

C3
どんどん虫歯が進行し
歯髄にまで達しています。
時には激しい痛みを感じることもあります。

C4
歯冠部が大きく壊れて
歯根部だけが残った状態。
痛みを感じなくなってきます。

虫歯が大きくならない様に
しっかり自宅での毎日のケアと
歯医者さんで
定期的にチェックしていきましょう。

歯科助手 ユキ

前回虫歯には種類があることを
お伝えしました。
今回は、その種類の中でも
初期虫歯について紹介します。

放置していると
どんどん進行していく虫歯
虫歯には5種類あります。
C0 C1 C2 C3 C4です。
その中で、初期虫歯と言われるのが
C0とC1です。

C0は
歯の表面が白く濁って
くすんで見える状態です。

C1は
虫歯の進行はエナメル質のみで、
歯の表面が白く濁ったり黒く見えている状態で痛みは感じません。

初期虫歯は
自分で判断するのは難しいので、
定期的に
歯のチェックをする様にしましょう。
その他の虫歯の種類については
また次のブログで紹介します。
 
歯科助手ユキ

むし歯や歯周病は生活習慣病の中の1つです。

むし歯は主に食生活に関連します(むし歯菌が感染した人)
また歯周病は食生活、喫煙、かみ合わせなどに関連します。

歯周病はお口の中だけの病気ではなく
全身に関わってきます。

磨き残しが原因で汚れの中にいる歯周病菌が
歯ぐきの毛細血管の中に入り込み本来無菌である
血液に乗って全身を巡ります。

元気で免疫があれば菌を退治してくれるのですが、
免疫が下がり抵抗力がなくなると
様々な病気を引き起こしやすくなります。

次回歯周病と身体の病気についてお話しします。


歯科衛生士  マヤ

今回はむし歯と歯周病が起こる仕組みについてです。

むし歯に関係する細菌は"糖"を代謝して
エネルギーを得るとともに
副産物として"酸"を作り出します。
この"酸"が歯の表面を溶かし
むし歯になっていきます。

歯周病の場合は、歯肉の内側の剥がれた
上皮に含まれるタンパク質、アミノ酸を
エネルギーにしアンモニアや硫化物
毒性のある有機酸を排出します。
これが歯周組織を障害して歯周病が進行していきます。
また、硫化物は歯周病特有の口臭の原因にもなっています。

細菌達は常にこの作業を繰り返し
私たちの歯や歯肉を蝕んでいくのです!
細菌は肉眼で見えるものではないので、
自分の口の中は大丈夫と思っていても実際は...

当院ではみなさんのお口の中に実際いる細菌を
顕微鏡で見ることができます。
自分の口の中にはどんな細菌が潜んでいるのか
ぜひ一度確認してみて下さい。

歯科衛生士 マキ

先日の患者様とのお話です。

主人は歯磨きの時間が短いのに
私より磨き残しが少ないのはどうして?
また他の方は、主人の方が歯磨きが下手なのに虫歯出来にくくて、
私は歯磨き頑張っているのに虫歯が出来やすいの?
などのお話を頂きました。

皆さんお口の中の状況は違います。
歯並びや噛み合わせ、被せ物が入っていたりなど。
お口の中の状況がそれぞれ違うので、
同じ方法で行っても結果は違ってきます。
自分のお口の状況にあったケア方法をすることが大切です。
その為には歯科医院で検診を受け、
歯科衛生士に自分のお口にあった
ケア方法を教えてもらうのはいかがでしょうか。

受付 リサ

2017年11月24日

皆さん糸ようじ(デンタルフロス)をお使いですか?

糸ようじは歯と歯の間と溝の中の汚れを取り除くものです。

指に巻いて使うタイプとホルダーについているものがあります。

初めて使う方はホルダータイプの方が扱いやすいと
思いますのでそちらをおすすめします。

また糸にワックスがついているタイプと、
ついていないタイプがあります。

それぞれメリットデメリットがあります。

ワックスつきは滑りが良く歯と歯の間に比較的簡単に
入ってくれるのですが、滑りが良い分何度か歯の面にこすりつけないと
なかなか汚れが落ちません。

ワックスがついてないものは、滑りが悪く歯と歯の間に入れにくかったり
歯と歯の間がきついところは糸が切れたりする事もあります。
ですが滑りがない分、歯の面についた汚れが落ちやすくなります。

人それぞれ歯と歯の間のきつさは異なりますので
ご不明な点がありましたらご相談下さい。


歯科衛生士 マヤ

2017年11月21日

最近、一段と寒くなってきましたね。
気づけば来週末はもう12月です!
今年も残り1ヶ月です!
ということは、年末年始のお休みがもうすぐです!
皆さん、年末年始に向けて歯のチェックはお済ですか?
美味しいケーキが、歯がしみて食べれない。
美味しいお餅が、仮歯で食べれない、もくは詰め物がとれてしまうなど、
クリスマスに、お正月に歯に不都合なことが起きると、
楽しく過ごせないですよね。
そうなる前に、歯のチェックを済ませておきましょう!
いつでもご予約のご連絡お待ちしております!

受付 リサ

2017年11月20日


みなさん、お口の中でむし歯や歯周病は
どのように引き起こされるか
知っていますか?

むし歯や歯周病は、お口の中に存在する
細菌の協力作用によって引き起こされています。
むし歯や歯周病に関わるプラーク(歯垢)は
500〜1000種類と
かなり多くの細菌の種類で構成されています。

細菌達は私たちの細胞と同じように生きていて
外部から栄養を摂取して代謝し、
エネルギーを得るとともに副産物を作り出します。

この副産物として作られた毒素が歯や歯肉に障害を与え
むし歯や歯周病は引き起こされます。

次回、むし歯は歯周病になる仕組をもう少し詳しくお伝えします。

歯科衛生士 マキ

2017年11月11日

虫歯とは、いきなり痛みがでて
穴が空く病気ではありません。

虫歯は、お口の中に存在する
ミュータンス菌が作る酸が
歯のカルシウムを溶かし、
脱灰させ、虫歯が進行すると
歯に穴が空いてきます。

穴が空く前は
初期虫歯といい 
唾液や毎日のケアで
虫歯の進行を止めることが出来ます。

次回、初期虫歯の種類について
お伝えします。

歯科助手 ユキ

2017年11月 9日

11月8日と9日は日本記念日協会に認定されている
歯ぐきの日です。
「歯周病と知覚過敏の危険性と、
それらを防ぐために歯ぐきのケアが大切であることを
アピールするために佐藤製薬株式会社が制定。
日付は11月8日と9日で「いい(11)歯(8)ぐ(9)き」
と読む語呂合わせから。」
だそうです。

歯ぐきのケアはお肌のケアと同じだそうです。
気になる方、ぜひ検診で歯科衛生士に確認してみてください。

受付 リサ

2017年11月 6日

私たちのお口の中になくてはならないだ液。

このだ液が減ることが味覚障害の一因になっています。

舌の表面に味蕾(みらい)という
小さなセンサーのようなものがあります。
味の物質がだ液に混ざり味蕾に届くとその刺激が脳に伝わり、
味を判断しています。

だ液が減るとうまく味の刺激が伝わらず味覚が鈍くなったり
敏感になりすぎたりする味覚障害になってしまいます。

口が渇き、食べるときに舌が擦れて味蕾が傷つきやすくもなります。
まただ液が少ないと、もともとお口の中にいる
カンジタ菌が増えやすい環境になります。
すると舌が炎症を起こし、味蕾に影響が及びます。

味覚障害はだ液の減少だけではなく舌の周りの血流が悪いと
血行不良を起こし、栄養が行き届かず新陳代謝が滞るので、
傷ついた味蕾も再生するのが遅くなってしまいます。

また薬の副作用でもだ液が減ることがあります。
血圧を下げるお薬、利尿剤、鎮痛剤などの薬は
ミネラルを排出する作用があります。
ミネラルが不足すると、味蕾のセンサーの感度が
低下してしまうことがわかっています。

だ液が減らないよう口を良く動かし、
口周りの筋肉を鍛えることが大切です。
またストレスもだ液が減る一因ですので、息抜きをしてリラックスする
こともだ液を増やすことに効果的です。


歯科衛生士  マヤ

2017年11月 2日

「いい歯の日「8020運動」」は
1989年(平成元年)に
日本歯科医師会が制定した記念日だそうです。
「8020運動」とは、
いつまでも美味しく楽しく食事をとるために、
80歳になっても自分の歯を20本以上保つことを目標としているそうです。
(財)日本口腔保健協会 発行「口から始まる全身の健康」によると
「食事がとてもおいしい・おいしいと感じている人は
 平均で20本の歯がある。」
という調査結果もあるそうです。

皆さん、8020目指して、
日頃のセルフケア・歯科医院での定期検査・クリーニングを
頑張りましょう!

受付 リサ

« 2017年10月 | メイン | 2017年12月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰