«  2017年12月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年12月26日

クリスマスも終わり、
いよいよ新しい年が近づいてまいりました。
年末はなにかとバタバタと忙しくなりますね。
忙しくて、検診にいらっしゃれなかった方は
年始に検診はいかがでしょうか。
お口の中をスッキリキレイにして新しい年を過ごしましょう。

また、この時期はお餅を食べる方が多いかと思います。
被せ物や詰め物がはずれてしまった場合、
ご来院の際に、はずれたものをお持ちになる様にお願いいたします。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

受付 リサ

2017年12月25日

前回は知覚過敏の症状などについてお話しました。

今回は知覚過敏の予防方法です。

まず知覚過敏の症状が軽い方はシュミテクトや
チェックアップルートケアの歯磨き粉を
使用していただいて様子を見ています。
継続的に使用することで効果が出てきます。

歯ぐきが少し下がり気味の方や、歯が磨耗して象牙質は
露出していないけれどエナメル質が少し削れてしまっている方などに
お勧めしています。

それでも症状が変わらない方には知覚過敏用のお薬を塗ります。
一層薄い膜を張るので象牙細管に外からの刺激が行きにくくなります。
1度塗って過敏だった神経が落ち着き症状がなくなる方もいらっしゃいますが
しばらくたってからしみる方もいます。

その場合はその歯の状態などを見たうえで白い樹脂で
コーティングをしていきます。
よく適用されるのが歯の付け根が歯ぎしりや噛みしめで
欠けてしまったところをカバーするようなかたちです。

お掃除がうまくいっておらず歯と歯ぐきの境目付近に
デンタルプラーク(歯垢)が溜まっているとそれも歯がしみる原因になります。

歯がしみる症状があったり気になることがありましたら
いつでもご相談ください。

次回暖かいもので歯がしみる原因についてお話します。


歯科衛生士 マヤ

2017年12月21日

当院には
CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)があります。

CO2レーザーは
口内炎の治療や止血する時に
使用するのに、優れており
歯科でよく使われています。

その他にも、色々な治療の時に
対応する事が可能です。

気になる様でしたら
ぜひ当院の先生に聞いてみて下さい。

歯科助手 ユキ

年末になり寒さもだんだん増してきていますね。

寒いとお水が冷たかったり、風が冷たいですよね。

「口でスッと風を吸い込んだ時に歯がしみた」
「朝、口をゆすいでいて歯がしみた」など
知覚過敏の症状が出ている方が
少し増えてきたように感じます。

歯ぐきが下がったり、歯の表面のエナメル質が磨耗するなどの
原因があります。

知覚過敏の症状は、歯のエナメル質という硬い組織の
内側にあるやわらかい象牙質が露出してしまうことで発生します。

その象牙質の構造はストローを束ねたような
細い管が集まった構造になっています。
これを象牙細管と言います。
象牙質が露出すると、外からの刺激(冷たい飲みものなど)が
象牙細管を通って歯の神経に伝わり、
瞬間的に鋭い痛みをを感じるようになります。

また冷たい飲み物だけではなく温かいもので歯がしみる、
甘いものを食べたときにしみるなどの症状もあります。
これはまた後にお話しします。

次回は知覚過敏の予防、処置についてお話します。


歯科衛生士 マヤ

2017年12月12日

当院では、新しい器具を導入しました。
ROOT ZX mini (ルートZXミニ)という
器具です。

この器具は、
根管長測定器(ルートキャナルメーター)と言い。
根の治療をする時に使います。
電気抵抗を測定し歯の長さを
測定するのに使用する器具です。

その中でも、ROOT ZX miniは
正確性に定評がある
高精度な治療器具です。

この器具を使うことによって
先生方は
見えにくい根の中でも
精密な根の治療ができます。

詳しくは
当院の先生に、お尋ね下さい。

歯科助手 ユキ

2017年12月 5日

歯周病は歯を失う一番の原因です。
歯周病の厄介なところはむし歯のように
痛みを感じにくいところです。
そして歯周病は歯を失うだけではなく全身の健康にも関わってきます。

歯周病菌が動脈硬化・狭心症・心筋梗塞・心内膜炎など
様々な病気と関連しています。

妊婦さんであれば胎児の低体重・早産のリスクも高くなります。
寝たきりの方であれば飲み込む力が低下しているので
誤嚥性肺炎には注意です。

糖尿病との関連では、歯周病菌が出した毒素などが
インスリンの働きを弱めて血糖値を上昇させ、
糖尿病を悪化させると言われています。

歯周病がある程度良くなると血糖値の数値が
良くなるともいわれています。


歯についたデンタルプラーク(歯垢)を
糸ようじや歯間ブラシ、歯ブラシなどでうまく落とし
定期検診を受ければ磨き残しで歯周病、むし歯で
苦労することはありません。

歯医者さんは痛くなったら行くところではなく
本当は治療で通わなくて済むように予防で通うところ、
お掃除ができているかなどをチェックしてもらうところです。

お口の健康が全身の健康につながります。
うまくお掃除をしていつまでも健康で楽しく生活していきましょう。


歯科衛生士 マヤ

2017年12月 3日

年末年始の休診日のお知らせです。

12月28日(木)~1月4日(木)まで
休診いたします。
1月5日(金)より診療いたします。

よろしくお願いいたします。

受付 リサ

« 2017年11月 | メイン | 2018年1月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰