«  2017年12月25日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年12月25日

前回は知覚過敏の症状などについてお話しました。

今回は知覚過敏の予防方法です。

まず知覚過敏の症状が軽い方はシュミテクトや
チェックアップルートケアの歯磨き粉を
使用していただいて様子を見ています。
継続的に使用することで効果が出てきます。

歯ぐきが少し下がり気味の方や、歯が磨耗して象牙質は
露出していないけれどエナメル質が少し削れてしまっている方などに
お勧めしています。

それでも症状が変わらない方には知覚過敏用のお薬を塗ります。
一層薄い膜を張るので象牙細管に外からの刺激が行きにくくなります。
1度塗って過敏だった神経が落ち着き症状がなくなる方もいらっしゃいますが
しばらくたってからしみる方もいます。

その場合はその歯の状態などを見たうえで白い樹脂で
コーティングをしていきます。
よく適用されるのが歯の付け根が歯ぎしりや噛みしめで
欠けてしまったところをカバーするようなかたちです。

お掃除がうまくいっておらず歯と歯ぐきの境目付近に
デンタルプラーク(歯垢)が溜まっているとそれも歯がしみる原因になります。

歯がしみる症状があったり気になることがありましたら
いつでもご相談ください。

次回暖かいもので歯がしみる原因についてお話します。


歯科衛生士 マヤ

« 2017年12月21日 | メイン | 2017年12月26日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰