«  2018年2月11日 - 2018年2月17日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2018年2月16日

定期的にクリーニングを受けている方で
1年前にホワイトニングを行いましたが
徐々に歯の色が戻ってきていたのもあり
またホワイトニングを行いたいということで
先日ホワイトニングを行いました。

この方は40代の女性で
1回目にホワイトニングを行った時は
歯の表面に着色汚れも付いていて、
歯の色自体も黄色くなってきていました。
着色汚れを落とした後に、ホワイトニングをしましたが
術前との変化にとても驚かれていました。
その後、普段の歯磨きへの意識も高くなり
以前より着色も付かなくなりましたし
今回2回目のホワイトニング後も、白い歯を維持できるように
歯磨きをうまくやりますと意気込んで帰られました。

キレイな白い歯だと気分も上がりますよね。

春は卒業や入学、入社式など大きなイベントの多い時期になります。
素敵な白い歯で人生の門出をお祝いしませんか。
ホワイトニングのご相談は随時受け付けています。
お気軽にご相談ください。

歯科衛生士 マキ

2018年2月12日

歯列接触癖があるかどうかチェックするには

・舌の先端、または下の周縁部に歯の跡がある
・頬粘膜に歯をかみ合わせたときに歯の形の跡がある
・唇と上下の歯を別々に動かすことが難しい

例えば口を閉じて上下の歯をかみ合わせます。
その状態から上下の歯を少し離した時に、同時に口も開いてしまうと
歯列接触癖の可能性があります。

歯列接触癖による影響は様々です。

歯にヒビが入りやすくなったり、歯周病が悪化したり
詰め物やかぶせ物が外れたり、かみ合わせの違和感、
頭痛めまい肩こりなどがあります。

過度な緊張やストレスなど日常生活で歯列接触癖は起こります。
上下の歯をつけていたら離す意識をしたり、
リラックスする意識をして歯列接触癖を防ぎましょう。


歯科衛生士  マヤ

« 2018年1月28日 - 2018年2月 3日 | メイン | 2018年2月18日 - 2018年2月24日 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰