«  2018年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年3月26日

毎日きちんと歯磨きをしていればむし歯にならない
というわけではありません。
普段何気なく口にしている食べ物や飲み物、食事の取り方などが
むし歯のできる原因の一つになっている可能性があります。

むし歯は歯垢の中の細菌が食べ物に含まれている
"糖"を餌に酸を産生し、歯の表面のカルシュウム成分が
溶け出していくことを脱灰といいます。
これが進行していくと歯に穴ができう蝕(むし歯)となります。

食事の回数が多かったり、長い時間をかけて食べたり
飲んだりする習慣があると、細菌が糖を分解し酸を作り出す機会も増え
歯が酸に触れる機会も増えることになります。
仕事をしながら、読書をしながら、テレビを見ながら等
甘い飲み物やお菓子、あめ等をだらだらと口にする習慣はありませんか?
むし歯発生のリスクを大きくしている可能性があります。

歯科衛生士 マキ

2018年3月23日

コンビニやスーパーなどでよく見かけるガムは
キシリトールが配合されていたり、CPP-ACPが
配合されているガムがあったり、それぞれどのような
違いがあるのでしょうか。

今回はキシリトール入りガムについてお話します。

キシリトールは白樺などから作られた代用甘味料です。
むし歯の原因となるむし歯菌の活動を弱くしむし歯になりにくく
してくれるものです。

むし歯菌が出す排泄物が歯にとって害のないものに変わります。

市販のキシリトールガムと歯科専売のキシリトールガムでは
歯科専売のキシリトールが100%入っているので
市販のガムよりむし歯になりにくいです。

次回リカルデント、ポスカFについてお話します。


歯科衛生士  マヤ

2018年3月20日

当院にはピカキッズという
歯磨き粉があります。

ピカキッズには3つの効能あるそうです。
  
一つ目 歯をツルツルにする
ピカキッズの薬用成分は
歯の表面についた傷を修復し
ツルツルにし、虫歯菌を
つきにくくするそうです。

二つ目 虫歯菌を捕まえる
ピカキッズの薬用成分は
プラークをつくる虫歯菌を吸着し
お口のなかの汚れを
少なくするそうです。

3つ目 栄養(ミネラル)を補給する
ピカキッズの薬用成分に含まれる
栄養(ミネラル)は歯の内側まで
浸透し、虫歯になりにくい
丈夫な歯をつくるそうです。

ご興味がありましたら
先生や衛生士にお尋ね下さい。

歯科助手 ユキ

2018年3月19日

前回の続きで、お口の大切な役割などについてお話します。

歯や口にはさまざまな働きがあります。
食事をする際に食べ物を噛み、すりつぶし、味わって飲み込みます。
食べ物を細かくかみ砕くことで胃腸の負担を減らします。
また話すこと。発音や歌ったり、感情表現(笑う、怒るなど)や呼吸も
含まれます。

また歯を失うとかみ合わせのバランスが崩れ
姿勢が悪くなったり、全身のバランスに影響します。

また加齢で年齢を重ねたときに、噛む筋力が低下すると
食事が細かくかみ砕かれないため、のどに詰まりやすくなります。
唾液の分泌も低下していると、歯垢がたまりやすくなり
虫歯や歯周病、誤嚥性肺炎やお口の中だけでなく全身の健康に
関わってきます。

噛めないと自然と柔らかいものを食べるようになり噛む機能が低下する
という悪循環に陥ります。

悪循環に陥らないよう口の中を清潔にすることに関心を持ち、
お口の機能も意識して、口と舌の体操や、唾液が出るように
唾液腺マッサージを行うようにしていきましょう。

オーラルフレイルの予防、改善、現状の維持をはかるためにも
健康寿命を延ばすことにもつながります。

お口の体操や唾液腺マッサージなど詳しいやり方など
いつでもご相談ください。


歯科衛生士 マヤ

タイトルを見て、スマホの使用とむし歯は
関係ないでしょ、と思った方も多いと思います。

テレビやゲーム、スマホなどを長時間利用する子供ほどむし歯が多い
そんな調査結果が発表されました。
この調査機関では他にも睡眠時間や食事など
生活習慣とむし歯の関係についても調査しています。

私たちの身体の仕組みとして
リラックスしている時はサラサラの唾液が多く出ますが
緊張している時はネバネバ唾液で量も少しになります。
長時間のスマホなどの利用や睡眠不足、欠食による空腹といった
"ストレス"が唾液の分泌量を低下させる原因の1つとなります。

唾液は天然の抗菌薬となる重要な役割を果たしていますが
その唾液の分泌が少なくなると
むし歯になるリスクも高くなってしまうのです。

歯磨きももちろん大切ですが、
子供の頃からの正しい"生活習慣"でむし歯の予防に努めていきましょう。

歯科衛生士 マキ

桜の開花宣言がありましたね!
暖かくなり嬉しいですが、
花粉症の方はつらい時期ですね。

学生の皆様は春休みの時期ですね!
普段、歯科医院が開業している時間帯は
学校・塾・習い事など忙しくされていることだと思います。
春休みの時こそ、歯科医院で検診を受けましょう。
よく大人の患者様で、
「もっと前から検診に通っていれば良かった」
とおっしゃる方が多いので、
子供の頃から歯科医院に行く習慣が身につくと良いですね!
いつでもご予約のご連絡お待ちしております!

受付 リサ

2018年3月15日

生えたばかりの永久歯は
大人の歯に比べて
エナメル質の構造が
まだ未成熟だそうです。
顕微鏡で見ると軽石みたいに
表面がボコボコしていて
虫歯菌がつきすい状態に
なっているそうです。

真っ白でピカピカの歯を美しく
健康なまま保つために
虫歯菌をできるだけ歯に
寄せ付けないことが
一番大切だそうです。
普段のお手入れはもちろんのこと
定期的に歯科医院で
チェックしてもらいましょう。

歯科助手 ユキ

2018年3月12日

年齢とともに体の不調が増えたり、健康に対して
心配なことが増えてきたと感じる方いらっしゃいませんか?

最近注意が呼びかけられている「オーラル・フレイル」
というものがあります。
これは「歯・口の機能の虚弱」を意味します。

高齢者の口腔機能低下により虚弱や老衰など介護が必要となる
一歩手前の段階のことです。

年齢を重ねて足腰の筋力が低下するのは、一般的にはごく当たり前の
ことですが、口の衰えが身体全体の衰え、精神的な部分にも
関わってきます。

介護が必要にならないようにと体を動かして鍛えることは
重要ですが、身体だけではなく健康を維持するにはお口も大切な
役割があります。


次回お口の大切な役割についてお話します。


歯科衛生士  マヤ

2018年3月 9日

3月4日は酸蝕歯の日だそうです。
日本記念日協会のホームページによると、
「食事中の酸により歯のエナメル質が摩耗した状態を酸蝕歯と呼ぶ。
 歯の健康のために酸蝕歯の改善に取り組んできた
 グラクソ・スミスクラインのブランドである「シュミテクト」が制定した日。
 酸蝕歯を広く社会的にアピールすることが目的。
 日付は3と4で「酸蝕歯」と読む語呂合わせから。」
とのことです。
知覚過敏の時にも使うと結構効くので
私もシュミテクトは愛用しています。

受付 リサ

2018年3月 1日

歯を磨いていると歯ぐきから血が出ることはありませんか?

歯ぐきから血が出る原因は歯垢(デンタルプラーク)が原因です。
歯は磨いているけれど、"磨けていない"状態が続くと
歯の付け根に歯垢がたまり歯ぐきが赤く腫れ
少しの刺激で血が出ます。


また体調が優れず、疲れがたまった状態が続いたり、寝不足
ストレスなど免疫が下がると細菌に抵抗できず歯ぐきが炎症を
起こしやすくなります。

体調が優れないときは歯磨きを怠りがちになってしまうと思いますが
体調が優れないときほどうまく掃除して原因となる歯垢を
取り除くことが大切です。

被せ物や詰め物が入っている方は特に気を付けてお掃除をしないと
汚れがたまりやすく炎症が起きやすくなってしまいます。

歯ブラシのみではなくデンタルフロス(糸ようじ)や
歯間ブラシなどを使用して歯ぐきの炎症を止めましょう。


歯科衛生士  マヤ


« 2018年2月 | メイン | 2018年4月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰