«  2018年7月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年7月30日

毎日暑い日が続いていますね。

熱中症予防などに水分をとる機会が増えていると思います。

就寝時はクーラーをつけていても汗をかいています。
また寝ているときは唾液の分泌が減りますので
お口の中が乾きやすく細菌が繁殖しやすくなります。
夏は特に唾液が減りやすいので注意が必要です。

ですので夜寝る前はデンタルフロスや歯間ブラシを併用して
なるべくお口の中の細菌を減らし、水分を十分に摂ることが
大切です。

また寝る前にフッ素入りの洗口剤や、歯周病予防の洗口剤を
使用するなどして対策をしていきましょう。


歯科衛生士  マヤ

 ガムに添加されている代用甘味料には
キシリトール以外にもソルビトールやアスパルテームなどがあります。
これらはむし歯の原因都なる有機酸がほとんど生産されません。
またガムをかむことによって唾液の分泌が促進されるので、
代用甘味料を添加したガムの常用がむし歯を予防すると考えられています。
 最近では、代用甘味料以外にもエナメル質の再石灰を促進する物質の
リン酸オリゴ糖カルシウム(POS-Ca)を加えたガムも市販されています。

歯科専売品には、これらの成分の配合割合が高いものや
キシリトール100%のものがあり、市販のものよりむし歯の予防効果が期待できます。
ぜひ、試してみて下さい

歯科衛生士サキ

2018年7月23日

当院には唾液を調べる機械があります。

唾液を調べることによって
虫歯 歯周病 口臭のリスクを
知ることができます。

検査は
専用のお水で、お口の中を
10秒間すすぐだけで
その日のうちに検査結果を
お渡しできます。

検査1時間前は
お口の中に何も入れずに
いらしてください。

ご希望やご質問がありましたら
衛生士にお尋ね下さい。

歯科助手 ユキ

2018年7月19日

年齢が上がるにつれて注意したいのが
露出した歯の根元で発生する根面のむし歯と
以前に治療した修復物の下や周囲で発生する二次むし歯です。

40歳~80歳代の半数が根面のむし歯になっていて
特に60~70歳代が最も根面のむし歯が多い
というデータも出ています。
歯周病により歯ぐきが下がり根面が露出している方
お口の中の唾液が少ない、渇きやすい方(ドライマウス)は
要注意です。

最近では大人むし歯の予防に効果的な
高濃度フッ素入り歯磨き粉やうがい薬なども
市販で売り出されています。

まずは歯科医院で自分のお口の中でどのような
トラブルが起こっているのか今後起きそうなのか確認をしてもらい
あなたのお口の中に合った予防法を取り入れていきましょう。

歯科衛生士 マキ


2018年7月17日


最近では加熱式の電子タバコを吸っている人も多いですね。
副流煙が出ない、あまり臭わない、タールが含まれていないことで
着色しにくいなど周囲への悪影響が少なくなっていますが、
タバコを吸う人の体内からはニコチンが周囲に放出されているため
三次喫煙に気をおつける必要があります。

喫煙者のタバコや呼気に含まれる煙を他人が吸入する"受動喫煙"
はよく聞くと思いますが
煙が無くなった後にその空間の物体の表面などに
残留した有害物質を吸入することを「三次喫煙」といいます。
この三次喫煙にもリスクがあるといわれています。

また、喫煙者はもちろん受動喫煙のある小児でも
むし歯や歯周病のリスクが高まることもわかってきています。
大切な周りの人の健康への危険も配慮して
加熱式タバコを含め禁煙していけるといいですね。

歯科衛生士 マキ

今回は6~12歳に合わせたブラッシングのお話です。

6歳頃になると6歳臼歯(永久歯)が生えてきます。
生えかけの奥歯は噛む面の溝も複雑でまだ弱く
むし歯になりやすい状態です。

また奥歯が生える手前の歯の真裏にも汚れが溜まりやすくなります。
スタンダードな歯ブラシだと生えかけの歯になかなか
歯ブラシの毛先が当たらないことが多いので、
ワンタフトブラシという先の尖った歯ブラシがあるので
その歯ブラシを使ってお掃除をします。

お子さんと一緒に練習して全ての歯を
お子さん1人でなるべくお掃除できるように
なるのが理想です。

またフッ素入りの歯磨剤や洗口剤を使用することも大切です。
お子さんへの仕上げ磨きもなるべく毎日できるとベストです。


歯科衛生士 マヤ

昔に比べて、現在は軟らかい食事が増えて、食事にかける時間も減ってきているため
食事中の噛む回数は減ってきています。
特に子供たちの好きなカレーやハンバーグは噛まずにすむ歯ごたえのない食事です。
こういう軟食ばかりを続けていると、お口の周りの筋肉が鍛えられないので、大きな口が開けられず,アがオのように聞こえたり、口をしっかり閉じられず風船を膨らませられなかっり、ろうそくの火を吹き消すことが出来なくなってしまいます。
以前お伝えしたように、スティック野菜など、噛む食事を小さいうちから習慣づけていきましょう。
歯科衛生士 サキ

2018年7月13日

今回は3~5歳のお子さんに合わせた
ブラッシングのお話しです。

この頃には食べたら磨く、きちんと磨くという
意識づけが大切になってきます。

じぶんでしっかり磨けるように歯ブラシのもち方や
歯ブラシの向き、磨く順番を一緒に決めて
一緒にやってみましょう。

またフッ素入りの歯磨き粉を使用して、
少量のお水でお口をゆすぎます。

仕上げ磨きのポイントは
むし歯になりやすい歯と歯の間や奥歯の噛む面を重点的に
ブラッシングします。
歯と歯の間はデンタルフロスを使用するのがおすすめです。
また小さい頃からフロスを習慣化することが大切です。

次回続きをお話しします。

歯科衛生士  マヤ

2018年7月10日

7月25日は知覚過敏の日だそうです。
日本記念日協会のホームページによると
「冷たい水がしみたり、歯ブラシの先が当たるなどしたときに、
 むし歯もないのに歯がしみて痛いと感じる知覚過敏。
 歯の健康のために知覚過敏の改善に取り組んでいる
 グラクソ・スミスクライン株式会社のブランドである
 「シュミテクト」が制定した日。
 この日は7と25で夏氷と読める「かき氷の日」とされることから、
 冷たい物に歯の痛みを感じたら知覚過敏対策をとこの日付に。」
とのことです。
私も知覚過敏の歯があるので、シュミテクトを使用しています。
日頃の歯磨きの際に使用するだけで、
しみなくなるのでとても嬉しいです。

受付 リサ

2018年7月 6日


お口の中が乾いて食べづらい
お口の中がネバネバする
口臭が気になる
入れ歯が擦れる
舌がヒリヒリする

その原因は
お口の乾きかもしれません。
年齢とともに
唾液の量は減っていきます。

当院には
コンクールマウスリンスがあります。

ノンアルコールで刺激も少なく
毎日のお食事や生活を
快適にサポートしてくれます。
お口の中が乾いて気になる様でしたら
クリーニングの際に
衛生士にお尋ね下さい。

歯科助手 ユキ


2018年7月 5日

学生さんはもうすぐ夏休みに入りますね!
楽しい予定があることと思います。
その中の予定にぜひ入れて頂きたいのが、歯科健診です。
普段、学校や部活、お稽古、塾などで
時間をとることが難しいとよくお話で伺いますので、
夏休み中に予定して頂ければと思います。

いつでもご予約のご連絡お待ちしております。

受付 リサ

当院にはラクレッシュという
洗口液があります。
広島大学歯学部 二川教授によって
発見されたL8020乳酸菌が
入っています。

L8020乳酸菌とは、
歯周病・むし歯になったことのない
健康な子供の口の中から
発見されたヒト由来の乳酸菌です。

歯周病菌・むし歯菌の発育を阻止する
制菌効果のある乳酸菌の一種で
ヒトの口腔内から5種類の
歯周病菌とむし歯菌・カンジタ菌を
効果的に抑制し、口腔内環境を
健康に保つそうです。

ご興味がありましたら
ぜひ、先生や衛生士に
お尋ね下さいね。

歯科助手 ユキ

2018年7月 3日

洗口液についてお話しします。
洗口液はマウスウォッシュ
デンタルリンスとも呼ばれています。

洗口液を使っても歯ブラシを
しなくていいわけではありません。
洗口液は主にお口の中の菌を減少させ
口臭を予防する効果があります。
歯磨き後に使用するのがオススメです。

歯磨きにプラス洗口液を上手に
使ってお口の中を健康に保ちましょう。

歯科助手 ユキ

2018年7月 2日

歯科医院などで行うプロケアとご自宅でできるセルフケアがあります。

歯科医院でのケアも大切ですが、毎日のセルフケアもとても重要です。
お子様の年齢別に歯磨き・仕上げ磨きのポイントをご紹介します。

0~2歳

乳歯が生えてきたら歯磨きの習慣スタートです。

まだ自分では出来ないと思うので親御さんが水で湿らせたガーゼで
歯についたデンタルプラークをぬぐいます。
この頃はお口の中に入れることに慣れてもらいます。

歯ブラシを持てるようになったら、お子さんに歯磨きをさせてみましょう。
親の真似をしたり歌やリズムをとったり、歯磨きは楽しい、気持ちがいい
という雰囲気づくりを心がけましょう。
※大人が目を離さないように注意です。

磨いた後はブクブクうがいです。
「水に含んで吐き出す」「水を含まずに口を膨らます」この2つが
できるようになったら、お口にお水を入れてブクブクペッと
ゆすぐ練習をします。

仕上げ磨きは親御さんの出番です。
歯ブラシは鉛筆持ちで、力を入れず細かく動かします。
上唇の内側と歯ぐきに歯ブラシが当たらないように指で保護しながら、
イー、アーのお口にさせるのがポイントです。

むし歯になりやすいのが上の前歯の表側や、奥歯の噛む面です。


次回続きをお話しします。


歯科衛生士  マヤ

区民歯科健診が始まりました!
対象者は千代田区内在住の19歳以上の方です。
受診期間は平成30年6月15日~平成31年2月28日です。
主な検査項目は
・現在歯・喪失歯の状況
・歯周組織の状況
・口腔清掃状況
・歯科保健指導
です。
費用はすべて無料です。
検査の結果、治療が必要となった場合、治療行為は有料になります。

しばらく健診受けていない方も
毎年健診受けている方も
是非、ご来院下さい。

受付 リサ

« 2018年6月 | メイン | 2018年8月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰