«  2018年9月 3日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2018年9月 3日

むし歯は一般的に噛み合わせの溝が
黒くなるイメージがあると思いますが
この部分がむし歯になりやすいのは子どもで
大人の場合は少し違います。
大人は、過去に治療した歯が再びむし歯になる
「二次う蝕、むし歯」が大半を占めます。
過去のむし歯治療から年月が経つと、詰め物や被せ物の間に
隙間ができ、そこに細菌が入り込んで再びむし歯になります。
特に、歯と歯の接している所は目で見ても見えにくく
見つけにいです。疑わしい所はレントゲンを撮ると
歯の中の状態を確認することができます。
また、定期的にレントゲンを撮って問題がないかも
確認していきましょう。

歯科衛生士 マキ

皆さんは歯ブラシはどのくらいの頻度で変えていますか。
患者様にお伺いすると様々な期間のお答えを頂きます。
1か月や2か月、半年、中には1年という方もおりました。
よくテレビなどで聞くのは1か月ですね。
私は初谷先生の教えで2週間で変えています。
また、そのためにも歯ブラシはいつでも変えられるように
多くストックしてあります。
変えたいと思った時に変えられるようにです。
多くあれば気兼ねなく新しいのに変えられる気もします。

長く使用している歯ブラシで歯を磨いても
歯についている汚れは新品に比べ落ちにくいそうですよ。
みなさん、こまめに変えましょう!

受付 リサ

« 2018年9月 1日 | メイン | 2018年9月 7日 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰