«  2020年6月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2020年6月20日

先日5歳の女の子が受診しました。
もちろん虫歯ではなく検診でです。
2歳頃からお母さんと一緒にたまに来ていたので
今では歯医者さんでお掃除してもらえるの楽しみ!
と思ってもらえているようです。
検診中もクリーニング中もしっかりお口をあけて
上手に出来ました。
大人もそうですが、子供は尚更虫歯を作ってから
来院をすると、あそこは痛くて怖いところ。
行きたくないところ。となってしまいます。
それよりも、お掃除してもらって気持ちいいところと
思ってもらえると今後自分の歯を守ることに
つながっていきます。
ぜひお子様も一緒に検診を受けてみて下さい

歯科衛生士 サキ

2020年6月15日


こんにちは
自粛生活の時に西真紀子さんの
「歯磨きしているのに虫歯になるのはナゼ?」という本を読みました。

お子さんにも読みやすく2時間程で読めてしまいます。
夏休みの読書感想文や自由研究の題材にもピッタリです。
お子さんと一緒に読みながら、お父さんお母さんも
虫歯について学べるので、ぜひこの機会にどうぞ。

当院には個室やキッズルームがございます。
ご家族みんなさんで、お口のチェックに要らしてくださいね。

受付 ユキ

2020年6月11日


いよいよ梅雨に入りましたね。
そして今年はマスクが必須となり、この暑さ、息苦しいし
猛暑の中心配ですね。

マヤさんが口呼吸の大切さを連載してますので、
わたしからも捕捉です。

患者さまのお口の中を拝見し「口呼吸してませんか?」とお伝えすると
多くの方が「してないと思います、、、。」と答えられます。
口呼吸だの鼻呼吸だの意識しなくても息は普通にしているので
改めて意識することもないかと思います。

が、しかしながらまず疑ってみて下さい!

☆スポーツをしてる方(ジョギング、水泳、テニス、サッカーなど)
☆音楽をしてる方(カラオケ、吹奏楽など)
☆おしゃべり好き♪
☆マスクー!

すべて悪い事ではありません!
しかしながら案外と普通に毎日している生活習慣により
口呼吸になってることはたくさんあります。
まずは 気付き が大切です!
わたしもこのマスク生活、せっかくあいうべ体操で口呼吸に改善したのに
不安ではありますがまずは呼吸を意識すること、
夏用マスクを探すことー!!にしました。

衛生士 てる

2020年6月 5日

こんにちは
じめじめだったり、熱かったりマスクが辛いですが
頑張りましょ。

前回に引き続き、虫歯クイズを載せておきます。

1、唾を調べるとわかるのはどれ?

・虫歯の数
・再石灰化する力
・給食のおかず

2、虫歯を最初につくる菌

・ミュータンス菌
・ピロリ菌
・ビフィズス菌

3、虫歯の穴を広げる菌はどれ?

・サルモネラ菌
・納豆菌
・ラクトバチラス菌

この問題の答えは
西真紀子さんの「歯みがきしているのにむし歯になるのはナゼ?」に載っています。
是非何問あっていたか、答え合わせしてみてください。

受付 ユキ

2020年6月 2日


こんにちは 
まだまだコロナは怖いですが...
徐々に日常生活に戻ってきましたね。 
コロナに負けないようにしっかり手洗いうがいしましょう。

お家で過ごしているときにでも虫歯クイズに挑戦してみてください。

1、虫歯菌が住んでいるのはどこ?

・ベロの上
・歯についた白いカスの中
・くちびるのシワの間

2、虫歯菌のエサになるのはどれ?

・サラダ油
・とりにく
・お米

3、虫歯をつくるのに、関わっているのはどれ?

・唾の量と質
・髪の毛の量の質
・ほくろの量と質


この問題の答えは
西真紀子さんの「歯みがきしているのにむし歯になるのはナゼ?」に載っています。
是非何問あっていたか、答え合わせしてみてください。

受付 ユキ

2020年6月 1日

前回の続きです。

口呼吸予防3つ目は口テープです。

寝るときは無意識になるので口が開きやすくなります。

朝起きると喉が痛い、イビキをかきやすい、
風邪を引きやすいなどという方は口が開いている
可能性があります。

また朝起きた時の口の臭いも軽減できます。
日中でも同じことが言えますが、
口が少しでも開いていることで口の中が蒸発し、
口の中や乾きます。歯垢(細菌の塊)が
こびりつきやすくなったり、
むし歯、歯周病が進行する原因にもなります。
口の中だけではなく、唇も乾きやすくなります。

口にテープを貼ることで口が開くのを防ぎ、
口呼吸を予防します。

最近は専用の口テープが販売されています。
なければサージカルテープなどで代用可能です。

新型コロナウイルスの陽性患者の多くは
ドライマウスになっている人が多いというデータが出ているそうです。

口のトラブルのみならずご自身の身体の健康を守るためにも
あいうべ体操をして舌は上につけて口は閉じ、鼻で呼吸する。
(上下の歯は離しましょう)

口呼吸を鼻呼吸にするのは意識をすることで自分で治せます。
マスクの下でも鼻呼吸ができるよう、普段から意識しなくても
自然に鼻呼吸をして自分の身体を守っていきましょう。


歯科衛生士  マヤ

« 2020年5月 | メイン | 2020年7月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。