«  2021年2月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2021年2月28日

 
 妊娠期は女性ホルモンが急激に上昇し、身体や口腔内に変化がおきます。
  
 全身の変化

 ☆つわりー妊娠5.6週から12.16週頃には自然に消失しますが、個人差があります。
  悪心、嘔吐、倦怠感、眠気、頭痛、食欲不振、嗜好の変化

 ☆頻尿、便秘、痔ー増大した子宮が膀胱を圧迫するほか、つわりや嘔吐の脱水対策
  のため水分補給をこまめにするためトイレが近くなります。
  胃腸の圧迫や運動不足で腸の動きも鈍くなり便秘になりやすくなります。

 ☆貧血ー母体と胎児に栄養と酸素を供給するためより多くの血液量、赤血球が
  必要となりますが、つわりなどで食欲不振になり鉄欠乏性貧血になりやすくなります。

 ☆精神の不安定ー軽いうつ状態になったり、意思とは無関係に感情が表れやすく
  なることがあります。

 ☆免疫力の低下ー胎児を異物と認識しないように免疫王統が抑制されるため、
  風邪などのウイルス性疾患に感染しやすくなります。


  次回は口腔内の変化についてお伝えします。♪(v^_^)v

  衛生士 てる

2021年2月27日

  
    今日は妊娠期の歯科受診の必要性についてお話しせます。
  
 妊娠期は、つわりなどにより生活習慣に変化があります。
 また女性ホルモンの変化により、歯肉の炎症が起きやすくなります。
 しかしながら妊娠中は食事や運動の制限、今はコロナの影響もあり歯科受診を
 控えてしまい病変が進行してしまうこともあります。

 でもほうっておくと妊婦さんの歯周病が早産や低体重児出産と関連することが
 分かっています。
  
 妊婦さんに対する歯科診療はお母さん本人のみならず、生まれてくる赤ちゃんの
 口腔や全身の健康を育むことに繋がります!
 
 マイナス一歳からお母さんの口腔環境を良好に保つことが
 赤ちゃんの虫歯予防の第一歩になります。╰(*´︶`*)╯♡

 

  衛生士 てる
 

2021年2月26日

MONOQLOという雑誌は知っていますか?

コンビニなどでよく並んでいるのですが

歯ブラシ特集がされていました。

1番人気は「タフト24」だそうです。

当院でも1番売れている歯ブラシです。

安いのにしっかり磨けます。

スタッフもお気に入りで使っています。

当院では12本セットでの販売もしております。

もし歯ブラシ選びに困ったことがございましたら

いつでもご相談下さいね。

受付 ユキ

2021年2月22日

新潟大学などの研究チームが
日本人の子供の3割が日常的に口が空いている
「口唇閉鎖不全症」の症状がみられることがわかったと発表したそうです。

いわゆる「お口ぽかん」の症状で
自然治癒は難しいとのこと、
もし、お子様に「お口ぽかん」の症状がございましたら
一度、来院してみて下さいね。

当院の院長、衛生士にも
お子様がいらっしゃるので
お母さん目線でしっかりと寄り添って相談に乗って来れますよ。

受付 ユキ

2021年2月20日

全くグラグラせず、
なかなか抜けない娘の乳歯を
抜いてもらいました。
娘にとって初めての処置。
始まる前はとても緊張していましたが、
先生が丁寧に優しくやってくれたので
痛くなかった!大人の歯もあるって!
と喜んでいました。
歯医者は痛いところ、怖いところという
イメージはつかなかったようです 笑
痛くなってから行くと、
怖いところという印象になってしまいますが
検診で小さい時から通っていると
いざ処置してもらう時も初めて行くところよりも
安心して頑張る事ができます。
子供の時も大人になっても
治療より検診が1番大切です。
サキ

2021年2月11日

  
 こんにちは。暖かい日が続き春が近づいてまいりましたね。
 これからすること、したいことなど考えたりすると少し嬉しくなる季節です。

 今日はいままでPMTCについてお話ししてまいりましたが、患者様を見させて
 頂いて感じることをお話ししたいとおもいます。

 私たち衛生士のメインのお仕事は歯周病の治療です。
 歯周病の検査をし、歯石をとり、歯ブラシの仕方、唾液検査、お口の粘膜状況を
 確認したり、生活習慣の確認、 安定してきたら、定期検診、そして予防の
 PMTCなどです。
 
 ではそれだけで患者さんの口腔ケアは、万全なのでしょうか。
 いやいや残念ながら1番大切なのは患者さまの 気付き なのです。
 私たちは、そのお手伝いしか出来ません。

 しかしながら毎日の生活習慣とはこわいものでなかなか変えられるものではありません。
 だからこそ、定期的に通って頂いてある日突然お口の環境が良くなっていたりすると
 嬉しくてなりません。
「スッキリした感じになった」「血がでなくなった」「歯ブラシの回数を増やした」
    これは患者さま自らの力です。
 そのお手伝いが出来たらと今後も初谷歯科医院はスタッフ一同皆様おひとりおひとりと
 向き合って行こうと思います。

  衛生士 てる

 

 
 

2021年2月 3日

前回の続きです。

TCH(歯の接触癖)のもう一つの改善策は
「舌」の位置です。

皆さん、今「舌」はどの位置にありますか?

舌が下にある方は残念ながら舌の正しい位置ではありません。
舌が下にある方、TCHの方は下に歯の跡がくっきりついています。
舌の脇や舌の先にまで歯の跡がついている方はTCHの兆候が見受けられます。

舌の正しい位置は上あごに舌がべたっと
くっついている状態が正しい位置になります。

そうすることで歯と歯が自然と離れていませんか?

本来は歯数ミリ空いていて、舌は上あごにくっついているのが
良い状態です。

また「あいうべ体操」でお口周りの体操も効果的です。

TCHは上下の歯を一日20分以上接触させてしまう癖です。
また、あらゆる歯科疾患の寄与因子になります。
強いかみ合わせの力(食いしばり)より、
弱くて長時間のかみ合わせの力の方が問題を引き起こします。
TCHは無意識に行うため、自覚するのが難しいのです。

TCHを防ぐことで、むし歯や歯周病の予防につながり、
お口の中だけではなく、慢性的な頭痛、肩こりなどの
症状緩和につながります。

お手洗いに行くとき、お水を飲むときなど何かするときに
歯を離す意識と舌を上あごにつける意識をして、
習慣化を目指しましょう。


歯科衛生士  マヤ

« 2021年1月 | メイン | 2021年3月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。