«  2021年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2021年11月20日

歯は酸で溶けます。
歯が溶け出すpHを臨界pHといいます。
歯磨きを数日間中断をしてプラークを成熟させ、
10%スクロール溶液で洗口した時のpH変化を調べた研究があります。
この結果によると、プラークの成熟が2日を超えると
臨界pHより低くなりました。
普段の飲食物の影響により個人差はありますが、
1日一回はしっかり歯を磨いてプラークを取り除くことが大切です。
特に夜寝る前にしっかりケアをしましょう

歯科衛生士サキ

2021年11月13日

すっかり寒くなりましたね。今年は秋がとても短く感じます。

皆さん夏は熱中症予防や、暑くて喉が渇くと水分補給を
よくされていたのではないかと思います。

寒くなってきて水分補給はされていますか?

水分補給をすることで体の中の水分量が増えるので、
唾液の量が増えやすくなります。
唾液が出にくくなるとお口の中も乾燥してむし歯が
できやすくなってしまいます。

水分補給する際は、一度に沢山飲んでしまうと
尿として体の外に出てしまうので、
少しずつ飲むと良いそうです。

そう言っている私も意識しないと水分補給をしていない
ことがあります💦

カフェインが含まれていないお水や麦茶を飲んで
一緒に冬も水分補給をしていきましょう。

歯科衛生士 マヤ

2021年11月 8日

7月28日、文部科学省は、
令和2年度学校保健統計調査の結果
むし歯になっている割合で1番多かったのが
8歳と発表しました。

満5歳から17歳を対象にした調査です。
12歳がむし歯になっている割合が低かったそうです。
その理由が9歳から12歳にかけて
むし歯をもつ割合が減少していて、
子供の歯から大人の歯に生えかわることが
影響していると考えられるそうです。

また、12歳前後で大人の歯に生えかわってから
17歳に達するまで、むし歯になっている割合は
年齢とともに高くなっています。
17歳でむし歯になっている人の割合は
8歳のむし歯の割合のピークと近い値だったそうです。

子供の歯も大人の歯もセルフケアや飲食内容などに
気をつけてむし歯の予防をしていきたいですね。


歯科衛生士 マヤ

2021年11月 1日

本日は1日
【歯ブラシ交換デー】
健康維持のための消耗品

毎日使っている歯ブラシの毛先は知らない間にする減り
開き、清掃効果がなくなってしまいます。
目に見えない雑菌が大量に発生し、その雑菌をお口に入れることに

キレイにしようと頑張っている歯磨きなのに
歯ブラシのせいで逆に殺菌を塗り広げているだけかも!?

毎月1日は新しい歯ブラシに交換して
お口の健康を効率的に
維持したいですね。

受付 ユキ

« 2021年10月 | メイン

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。