口ゴボなのに美人と言われる人の特徴とは?口ゴボを治せば横顔美人になれる!

口ゴボ美人

 PR アフィリエイト広告を使用しています。

この記事では、口ゴボなのに美人と言われる人の特徴や口ゴボの改善方法について解説します。

口ゴボは特に横顔の美しさを損なうと言われますが、一方で口ゴボの特徴を持ちながら美人と言われる人も少なくありません。

両者の関係性を調べた結果、口ゴボでも美人と評される人には5つの特徴や共通点があることがわかりました。

また、記事の後半では口ゴボになる原因や改善方法、実際に口ゴボを治して横顔美人となった人の事例についても紹介しています。

口ゴボが気になる方、横顔美人になりたいと思っている方はこの記事で口ゴボについての理解を深めてくださいね。

目次

口ゴボなのに美人と言われる人の5つ特徴を紹介!

口ゴボなのに美人と言われる人には、上記のような特徴が見られます。

まずはそれぞれの特徴について、順番に見ていきましょう。

口ゴボ美人の特徴①:目元や鼻の美しさ

最初に紹介する口ゴボ美人の特徴は、目元や鼻の美しさです。

口元以外の顔のパーツ、特に目元や鼻の形状が美しいと全体のバランスが取れ、口ゴボが目立たなくなります。

鋭い目力や整った鼻のラインは、視覚的なフォーカスを変えて口元の印象を和らげる効果がありますよ。

口ゴボ美人の特徴②:小顔

続いての口ゴボ美人の特徴は、小顔であることです。

小顔の人は、顔のパーツが密接に配置されていて各パーツが相対的に大きくなるので、バランスが取れて見えます。

また、小顔効果によって口ゴボの特徴が目立ちにくくなり、顔全体の印象が引き締まります。

口ゴボ美人の特徴③:歯並びの良さ

口ゴボ美人の特徴の3つ目は、歯並びが比較的良いことです。

口ゴボかどうかに関係なく、美しい笑顔は人の印象を大きく左右する要素と言えます。

歯並びが整っていると、特に笑顔の際に口元が自然と魅力的に見えるので、口ゴボの影響を抑えられるでしょう。

口ゴボ美人の特徴④:適切なスキンケアとメイク

4つ目の口ゴボ美人の特徴は、スキンケアやメイクに力を入れていることです。

肌の質感や色味が均一であり上手にメイクを施している場合、視線は自然と口元から目元や頬などの他のパーツに移り、美しさの印象を高めてくれます。

特に、リップメイクやコントゥアリングによって口元の形状を調整し、口ゴボを目立たなく見せるテクニックもありますよ。

口ゴボ美人の特徴⑤:美しい姿勢と表情

最後の紹介する口ゴボ美人の特徴は、姿勢や表情の美しさです。

姿勢が良く、表情に自信がある人は、物理的な顔の特徴を超えて魅力的に映ります。

自信溢れる笑顔や相手を引きつける表情は、口ゴボの印象を薄れさせ、内面からの美しさを引き出してくれるでしょう。

口ゴボでも美人と言われる人の共通点

口ゴボでも美人と評される人は、その他の顔の特徴や魅力によって口ゴボの影響を相殺、あるいは特徴として活かしていると言えます。

共通して重要なことは、自分の強みを知り、それを最大限に活かすことと言えるでしょう。

自己の魅力を理解して自信を持って表現することが、美しさの真髄を引き出す鍵となります。

口ゴボとは?美人と横顔の関係性はEラインに有り!

口ゴボとは、一般的に口元が前方に突出している状態を指し、横顔の印象を大きく左右する要素の一つです。

横顔のバランスが整っていると美人と称されることが多いため、数多くの人が口ゴボの改善に関心を持っています。

美しい横顔の一つの基準とされるのが、「Eライン」です。

Eラインとは顔を側面から見たときに、鼻と顎の先端を結んだ線が唇を軽く触れるものを言います。

口ゴボがあると、このEラインが前方に偏るため、理想とされる顔のプロポーションから外れてしまうんです。

ただし口ゴボがある場合でも、他の顔のパーツとの調和が取れていれば、全体として整った印象を与えることができますよ。

口ゴボになる5つの原因を解説

口ゴボになる原因は多岐にわたりますが、主には歯並びや骨格の問題、生活習慣や日常の癖が挙げられます。

これらの原因を理解することは、口ゴボを効果的に治療し、美しい横顔を手に入れるための第一歩です。

それぞれの原因について、順番に見ていきましょう。

口ゴボの原因①:骨格の問題

口ゴボの原因としてまず挙げられるのは、生まれついての骨格の問題です。

顔の骨格、特に上顎や下顎の形状によって、口元の突出が生じることがあります。

遺伝的な要因による骨格の特徴は、口ゴボの大きな原因となるでしょう。

口ゴボの原因②:歯並びの悪さ

続いて良く言われる口ゴボの原因は、歯並びの悪さです。

特に、上顎の歯が前方に突出している出っ歯の状態や、下顎が後退していることは口ゴボになる原因として有名です。

こちらが原因となる口ゴボの場合には、歯列矯正を行うことで改善するケースが多く見られます。

口ゴボの原因③:口呼吸の影響

3つ目に挙げる口ゴボの原因は、口呼吸による影響です。

長期間にわたる口呼吸は、顔の骨格や歯並びに悪い変化を与えることがしばしばあります。

特に小さい頃からの口呼吸の習慣は、口ゴボを引き起こす可能性が高いので注意しましょう。

口ゴボの原因④:日常のクセによる影響

口呼吸以外にも日常生活でのクセが、口ゴボの原因になることがあります。

特に指しゃぶりや爪噛み、下で歯を押すクセなどがあると顔の骨格や歯並びに影響を及ぼし、口ゴボを引き起こす可能性があります。

こちらも永久歯の生え揃っていないお子様では特に影響が大きくなるので、このようなクセがある場合には早めにやめさせてあげてください。

口ゴボの原因⑤:唇や鼻の形による問題

最後に紹介する口ゴボになる原因は、唇や鼻の形によるものです。

骨格や歯並びに大きな問題がなくても、鼻が低かったり唇がぷっくりと分厚かったりすると、Eラインよりも唇が前に突き出るケースがあります。

このケースでは咬み合わせなどの不都合は生じないため放っておいても問題ないですが、見た目の改善をしたい場合は美容整形などが手段となるでしょう。

口ゴボを治して横顔美人へ!3つの改善方法を紹介

口ゴボを改善して横顔美人になるには、上記のように様々なアプローチがあります。

これらは、口ゴボの原因や程度、個人の状況に応じて選択されるものです。

それぞれの口ゴボの改善方法について、以下で具体的に紹介しますね。

口ゴボの改善方法①:歯列矯正

はじめに紹介する口ゴボの改善方法は、歯列矯正です。

歯並びが原因の口ゴボにはこの方法が効果的で、大きくワイヤー矯正、マウスピース矯正と外科的矯正治療の3種に分けることができます。

ワイヤー矯正は、ブラケットとワイヤーを用いて歯を動かして歯並びを整える矯正方法です。

マウスピース矯正は、透明なマウスピースを装着して徐々に歯を移動させる方法で、目立たない矯正手法として人気があります。

骨格に原因のある口ゴボには外科的矯正治療が選択されることもあり、この治療では顎の骨を手術で移動させ、噛み合わせや顔のバランスを改善します。

口ゴボの改善方法②:美容整形

口ゴボを改善する2つ目の方法は、美容整形です。

美容整形では顎だけの施術ではなく、鼻などの形状を変えることで口ゴボの印象を軽減することもあります。

ヒアルロン酸注入やプロテーゼによる形状変更などで美しいEラインを強調するなど、複数のアプローチが考えられるでしょう。

口ゴボの改善方法③:セラミッククラウン

3つ目の口ゴボの改善方法は、セラミッククラウンです。

歯自体の形状や色を美しくするセラミッククラウンですが、見た目の歯並びを整える効果もあるため、口ゴボ改善の選択肢になり得ます。

歯を削ってセラミックのクラウンをかぶせることで、歯並びを美しく見せ、口元の印象を改善することができますよ。

口ゴボを改善したい場合には、これらの方法の中からご自身の状態に応じて、医師と相談しながら選択していきましょう。

口ゴボを改善して美人になった3つの事例を紹介!

このパートでは、実際に口ゴボを治して美人になったという事例を紹介していきます。

実際のビフォーアフターを見ることで、口ゴボ治療の効果を具体的にイメージしやすくなり、治療への動機付けにもつながるでしょう。

口ゴボ改善事例①:歯列矯正で顔が変わった!

最初に紹介する事例では、歯列矯正で口ゴボが改善される様子が細かく写真に収められています。

写真を見ると、口元、特に下唇のあたりが引っ込んでキレイなEラインが出ている様子がうかがえますね。

ご本人も口ゴボ感がなくなって治療してよかったと喜びの声を挙げています。

口ゴボ改善事例②:マスクに口紅がつかなくなった!

続いての事例は、口ゴボを改善してマスクに口紅がつかなくなったというものです。

マスクをつける機会は多いので、その度に口紅がついてしまうのは地味にストレスになりそうですね。

写真を見ると、明らかに口元の出っ張りがなくなっていることがわかります。

口ゴボ改善事例③:横顔に変化があった!

最後に紹介するこちらの事例は、ワイヤー矯正で口ゴボを改善した体験談です。

ご本人が仰っているように、口ゴボが解消されて横顔美人になっているのが見て取れます。

これらの事例のように口ゴボを改善するだけで、特に横顔の印象が大きく変わることがわかりますね。

口ゴボと美人の関係性についてまとめ

以上、口ゴボでも美人な人の特徴や口ゴボの原因、改善方法などについて紹介しました。

口ゴボの特徴を持っていても、その他の要素で美人とされる人は少なくないですが、横顔美人かどうかをEラインで判断されることが多いのも事実です。

ご自身の口ゴボが気になる場合は、この記事で紹介した方法で改善を目指すのもひとつの考え方でしょう。

口元の悩みについては、まずは信頼できる歯科医師に相談するのが一番です。

歯科医師としっかり話し合いながら、咬み合わせやその他の問題も考慮し、本当に治療が必要かどうかを判断してくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次