矯正でマウスピースをサボったらどうなる?知恵袋の体験談を調査!

マウスピースサボった

 PR アフィリエイト広告を使用しています。

この記事では、矯正でマウスピースをサボったらどうなるのか、知恵袋の体験談などから紹介していきます。

矯正用のマウスピースは1日や2日程度サボった程度では大きな影響はありませんが、長期間付けていないと歯並びの後戻りが生じてしまいます。

この記事で紹介する事例や、サボった場合のリスクしっかり理解することで、矯正のモチベーションを保ちましょう。

サボらないための対策も紹介しているので、最後まで記事を読んでマウスピース矯正を成功させるコツを身につけてくださいね。

目次

矯正でマウスピースをサボったら?知恵袋の体験談から学ぶ

マウスピース矯正はその便利さと効果で人気がありますが、装着をサボることには大きなリスクが伴います。

知恵袋に寄せられた実際の体験談をもとに、サボった際の具体的な影響について検証してみましょう。

これらの体験談から、どのような問題が発生するのか、そしてどうすればこれを避けられるのかを理解することができますよ。

知恵袋の体験談①:マウスピースを2週間サボったケース

インビザライン矯正についてです。
約2週間程装着をサボってしまいました。
その為、現在付けていたマウスピースが痛くてはまらなかったので、2個前のマウスピースを装着しました。
少し違和感はありましたが、新しいマウスピースを付けた時の感じと変わらず、ずっと付けていると馴染んできて何も感じなくなりました。
このまま進めて大丈夫でしょうか?

Yahoo!知恵袋

最初に紹介する知恵袋の体験談は、2週間マウスピースをサボった人のケースです。

こちらの方はそれまで着けていたマウスピースがフィットしなくなってしまったので、2つ前のものに変更することで対応したようですね。

それでまた歯が動いてくれたようなので、矯正期間が少し延びる程度の影響で済みそうです。

しかしながら2週間程度でも後戻りは発生し始めているようなので、マウスピースをサボるのはリスクが大きいと言えるでしょう。

知恵袋の体験談②:マウスピースを2ヶ月サボったケース

マウスピース矯正を2か月ほどサボってしまいました。
1週間はめたら次の番号にうつってくださいと言われやっていましたが、頭痛がひどくなり、自己管理不足でマウスピースを喪失してしまったり、なんやかんやと気づけば2か月はめていませんでした。
新しい番号から再開しようと思いましたが全くはまらず、マウスピースの古い番号のものは1週間経ったら捨ててしまっていたのでどうすることもできないので歯科医師さんに正直に話しはしようと思いますが、確実に怒られますよね。
このような場合、矯正を再開するにはまた追加でお金がかかるんでしょうか?
又、マウスピースからインプラント矯正に変えることは本来なら可能なことですか?
重々反省はしています。

Yahoo!知恵袋

続いては、マウスピースを2ヶ月間サボってしまった人の知恵袋の体験談になります。

マウスピース装着中の頭痛や管理不足による喪失で、気づいたら2ヶ月間装着していないままだったようです。

これだけの期間となると新しいマウスピースは当然フィットせず、古いマウスピースは廃棄済みということで自分で解決することはできません。

このようなケースでは、歯科医院にすぐに連絡して追加のマウスピースを作成してもらうしかないでしょう。

追加費用の負担が生じてしまいますが、自己責任と言うほかないですね。

知恵袋の体験談③:マウスピースを半年サボったケース

マウスピース矯正、半年弱サボりました。
今付けてみたんですけど、歯が折れそうです。
付けた直後は「あ〜痛え〜」くらいなんですけど、じわじわもっと痛くなってきて、歯折れる!って思って焦って取るっていうのを何回も繰り返してます
これ歯折れませんか?まじで痛いんですけど、折れないですよね?
怖いです、、

Yahoo!知恵袋

最後に紹介する知恵袋の体験談は、半年もの期間マウスピース矯正をサボってしまった方のケースです。

この方は元のマウスピースを無理やり装着しているようですが、ご本人も感じているように歯に過度な力がかかってしまっています。

後戻りした歯を無理に戻そうとするのは、激しい痛みの原因になりますし歯や歯茎の骨にも悪影響です。

こうした場合にはすぐにクリニックに相談し、マウスピースを追加作成して矯正をやり直してください。

矯正でマウスピースをサボった知恵袋の体験談の総括

今回紹介した知恵袋の体験談は、マウスピースをサボった期間が2週間〜半年と幅広いですが、いずれも歯並びに悪影響が生じてしまっていました。

歯並びの後戻りがいつ頃から発生するかは個人差も大きいですが、元のマウスピースを装着してみての違和感の大きさで判断しましょう。

最初の体験談であったように、万一の場合に備えて使用済みのマウスピースを保管しておくのも一つの方法かもしれませんね。

次のパートでは、これらの知恵袋の体験談からわかった、マウスピースをサボるリスクを深堀りしていきます。

矯正でマウスピースをサボった場合の3つのリスク

知恵袋の体験談でもわかったように、矯正治療中のマウスピース装着をサボってしまうと、上記のようなリスクが生じる可能性があります。

これらのリスクは、治療の効果を大幅に下げ、時には患者さんの身体に健康影響を及ぼすこともあるので注意しましょう。

サボったリスク①:歯並びの後戻りが発生する

マウスピースをサボったリスクの1つ目として、最も発生しやすい問題が歯並びの「後戻り」です。

後戻りとは、矯正によって改善された歯並びやかみ合わせが、装着をサボることにより元の不正な状態に戻ってしまう現象のことを指します。

矯正治療では、歯を動かすことにより歯並びを整えますが、この過程で骨がリモデリング(再構築)されるために時間が必要です。

装着を怠ると、このリモデリングが妨げられるため、歯が元の位置に戻ろうとする力が働いてしまうのです。

この現象は、マウスピース矯正治療の進行に大きな影響を及ぼすので、可能な限り避けなければいけません。

サボったリスク②:マウスピースの追加費用が発生する

2つ目のマウスピース装着をサボったリスクは、追加のマウスピースが必要となることです。

前述の歯並びの後戻りなどが原因で、既存の治療計画が適用できなくなるケースがあります。

これにより、治療計画の見直しが必要になり、結果として新たなマウスピースを作成することになる可能性が高いでしょう。

自己都合でのマウスピースの追加は、追加費用を患者さんが負担する場合がほとんどなので、経済的な負担が増大しまうことに繋がります。

サボったリスク③:矯正期間が延長する

マウスピースの追加が必要になることで、当然ながら矯正期間が延長するというリスクも生じます。

治療期間は既存のマウスピースを装着する場合のものですから、マウスピースが追加になればその分治療期間が延長するのも納得ですよね。

治療期間の延長は、患者さんにとって時間的なものだけでなく、精神的な負担を増加させる要因にもなります。

当初の計画通りに治療結果が出ないことで、患者さんのモチベーションの低下にも繋がりかねません。

こういったリスクを避けるためにも、次のパートで紹介する対策を取って、マウスピースの装着を忘れないようにしましょう。

矯正でマウスピースをサボらないための3つのコツ

マウスピース矯正を成功させるためには、日々の装着をサボらないことが必要不可欠です。

ここでは、矯正でマウスピースをサボらないための効果的な3つのコツを紹介します。

サボらないコツ①:マウスピース装着をルーチン化する

はじめに紹介するマウスピースをサボらないためのコツは、マウスピース装着のルーチン化です。

マウスピースの装着を日常のルーチンに取り入れることで、忘れずに続けることが可能になります。

矯正用のマウスピースを外すのは基本的に食事や歯磨き以外の時間くらいですから、食事から歯磨き、マウスピース装着までの流れを確立しましょう。

そのためには外食などでも歯ブラシを必ず携帯し、マウスピースを保管する場所も固定することが有効ですよ。

サボらないコツ②:矯正のモチベーションを保つ

マウスピースをサボらないためのコツ2つ目は、矯正のモチベーションを保つことです。

矯正治療の目標を明確に設定し、定期的に進捗をチェックすることでモチベーションを保つことができます。

マウスピース矯正の進行具合とゴールまでの道すじを目で見て確認することで、目標に向かって頑張る動機付けにもなるでしょう。

サボらないコツ③:周囲のサポートやリマインダーを活用する

ときには周囲のサポートやリマインダーなどの機能を活用するのも、マウスピースをサボらないために有効です。

外出時などもしっかりとマウスピース装着時間を守るためには、家族や友人のサポートが欲しい場面もあるでしょう。

また、マウスピースの装着を忘れないようにリマインダー機能のあるアプリを利用するのも一つの方法です。

このような外部の助けを活用することで、治療の成功率を高めることができますよ。

矯正でマウスピースをサボったらどうなるかまとめ

  • マウスピースをサボると2週間程度でも悪影響がある
  • 歯並びの後戻りがあると追加の治療が必要
  • 追加費用や治療期間の延長のリスクがある
  • サボらないためにはマウスピース装着のルーチン化が重要
  • 周囲のサポートやアプリでのリマインダーも有効

この記事では、上記のような内容をお届けしました。

知恵袋の体験談から、マウスピース矯正は2週間くらいでもサボってしまうと悪影響が出るようです。

サボってしまうと追加の治療費用が発生したり、治療期間が延長になるなど良いことは何もありません。

マウスピース装着をサボらないコツを身に着けて、ぜひ計画通りに矯正治療を進めてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次