歯列矯正で食事が噛めないのはいつまで!?食べれない理由や痛いときの対処法を解説!

矯正噛めない

 PR アフィリエイト広告を使用しています。

この記事では、歯列矯正で食事が噛めない・食べれない期間や痛いときの対処法について解説します。

歯列矯正は歯に圧力を加えることで歯並びを動かす治療法なので、特に治療初期に強い痛みを感じることがあります。

この痛みは1週間ほど続くことが多いですが、適切な対処法を行うことでストレスを低減させることも可能です。

この記事を読めば、矯正治療中の痛みに対する不安を解消し、矯正治療に挫折・失敗するリスクを減らすことができますよ。

目次

歯列矯正で食事が噛めない、食べれないほど痛いのはいつまで!?

まずは歯列矯正で多くの人が経験する、食事が噛めない・食べれないほどの痛みについて、その期間やタイミングについて解説します。

内容をしっかり理解して、矯正中の痛みに対する不安を無くしていきましょう。

歯列矯正の痛みのピークは約1週間!

歯列矯正を開始すると矯正装置が歯に圧力をかけるため、初期には歯や歯茎が敏感になります。

この時期に食事が噛めない・食べれないような痛みを感じるケースがあり、最初の2,3日から1週間程度に痛みのピークがくることが多いです。

この痛みは人によって異なりますが、多くの場合、1週間を超えたくらいから自然と和らいでいきます。

もし2週間を過ぎても痛みが軽減しない場合には、別の問題が生じている可能性があるため必ず担当の歯科医師に相談してください。

歯列矯正で食事が噛めない、食べれないほど痛くなるタイミング

  • 矯正治療の開始直後
  • 矯正装置の調整後
  • 新しいマウスピースへの交換後

歯列矯正で痛みが強くなる代表的なタイミングは、上記の3つがあります。

これらのタイミングでは歯に最も圧力がかかっているため、食事が噛めない・食べれないような痛みが発生することが多いです。

調整後やマウスピース交換後の痛みについては毎回発生するものではありませんが、矯正治療の開始直後以外でも痛みが発生するタイミングがあることは覚えておきましょう。

この期間は柔らかい食べ物を中心に食事を調整することで、痛みを軽減してくださいね。

歯列矯正で食事が噛めない・食べれない3つの理由

  • 矯正装置で歯に圧力がかかっているため
  • 矯正装置が口内に当たっているため
  • 矯正で咬み合わせがズレたため

歯列矯正時に食事が噛めない、食べれないという症状が出る理由は、主に上記の3つです。

矯正装置で歯に圧力がかかることにより痛みが生じるというのは、前のパートでも説明したとおりですが、他にも2つの理由が考えられます。

ひとつは矯正装置が口内や下に当たることで、食事を噛む際に邪魔になったり、口内炎ができることで酷い痛みで食べられなくなることがあります。

また、矯正治療で歯並びが変わっていく過程で咬み合わせが変化する場合、はじめのうちは変化に慣れなくて食事が噛みにくいというケースもあるでしょう。

これらの3つの理由に適切に対処することで、矯正期間中の食事の悩みを軽減することができますよ。

歯列矯正で食事が噛めないときにおすすめの食べ物

歯列矯正中に適した食事選びは、痛みを管理しつつ健康を維持する上で非常に重要です。

ここでは、歯列矯正の痛みで食事が噛めないときにおすすめの食べ物を紹介します。

歯列矯正で食事が噛めないときは、水分が多くてやわらかい食べ物を選ぼう

歯列矯正中は、歯や歯茎に負担をかけない柔らかい食べ物を選ぶことが推奨されます。

例えば、豆腐、お粥、スープ、ヨーグルト、プリン、煮込み料理などが良い選択肢となるでしょう。

いずれの食品も水分量が多く、あまり噛む必要がないので歯への刺激を最小限することができます。

歯列矯正で食事が噛めないときは、これらの食品を選ぶことで痛みを抑えることができますよ。

歯列矯正が痛くて食べれないときも、栄養バランスを考慮した食事を心がけよう

歯列矯正中の食事は、前述のような柔らかいものに偏りがちですが、栄養バランスを考えることも大切です。

特に口内炎の問題に対処するには、ビタミンB2やB6を積極的に接種することも有効になります。

はちみつ、たまご、納豆やレバーなどに豊富に含まれるため、食材を選ぶ際の参考にしてください。

これらのビタミンに加え、タンパク質、ミネラルなどをバランス良く摂取することで、歯や歯茎の健康を支えて矯正治療をスムーズに進めることができますよ。

歯列矯正で食べれないほど痛いときの3つの対処法

歯列矯正中の痛みは完全に避けることはできませんが、適切に対処することで大きく軽減させることが可能です。

ここではご家庭でもできる痛みの緩和法を含めて、3つの対処方法を紹介します。

歯列矯正が痛いときの対処法①:矯正用ワックスの使用

歯列矯正中に生じる痛みの大きな原因の一つに、矯正装置が頬や唇を刺激することがあります。

このような場合には、矯正用ワックスを装置の刺激がある部分に使用しましょう。

矯正装置による直接的な摩擦や圧力を軽減し、痛みや不快感を和らげることができますよ。

矯正用ワックスは、矯正治療を受けている人にとって有効なツールの一つと言えるでしょう。

歯列矯正が痛いときの対処法②:痛み止めの使用

矯正開始直後や調整後の痛みに苦しんでいる場合には、痛み止めの使用も検討しましょう。

医師の指示のもと、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)などの痛み止めを処方してもらってください。

これらの薬剤は短期間の利用を推奨しますが、痛みのピーク時に服用することで非常に効果を感じますよ。

歯列矯正が痛いときの対処法③:家庭でできる痛みの緩和法

痛みを和らげるために、ご家庭で実践できる方法もあります。

家庭で痛みに対処するには氷水でうがいをする、冷たい食べ物を摂る、柔らかい食べ物を選ぶなどを試してみてください。

また、適度な口内マッサージや、タオルなどで痛みのある部分を圧迫することも痛みの緩和に効果的です。

歯列矯正が痛いときに重要なのは、無理をせず、痛みに合わせて対処法を選ぶことですよ。

矯正中の食事で気をつけるべきこと

矯正治療中の食事については、食事による装置の損傷や、治療への影響を避けるためにも注意する必要があります。

矯正による痛みに対処するのにあわせて、注意事項についても確認しておきましょう。

食事による矯正装置への影響に気をつける

矯正装置を付けている間は、食事によって矯正装置に影響を与えることを避ける必要があります。

特に固い食べ物や粘着性の高い食べ物は、矯正装置を傷つけたり、取れやすくしたりする原因になります。

リンゴや煎餅、キャラメルのような食べ物は避け、食事後はしっかりと歯磨きをすることが大切ですよ。

矯正装置を保護しながら栄養を摂る

矯正治療中に食べられない、避けるべき食べ物は多いですが、そんな中でも必要な栄養を摂取することは可能です。

食事を小さく切る、ミキサーを使ってスムージーやスープを作るなどの工夫をすることで、食べられる食材の幅を広げることができます。

こういった方法も取り入れながら、食事からの栄養摂取と矯正装置の保護を両立していきましょう。

歯列矯正の痛みと食事が噛めないときの対処法についてまとめ

  • 歯列矯正で痛みが最も強いのは矯正開始直後の1週間程度
  • 矯正装置の干渉や咬み合わせのズレも、食事が噛めなくなる原因
  • やわらかい食べ物や栄養バランスを考慮した食事は、矯正中に特に重要
  • 痛みの対処法は、矯正用ワックス、痛み止めの他に家庭でできる緩和法も有効
  • 食事の際には矯正装置を傷つけないよう注意が必要

この記事では、上記のような内容をお届けしました。

歯列矯正の治療初期には主に食事において痛みや不便を感じることがあります。

しかし、適切な対処法や食事の工夫を行うことで、これらの問題を大幅に軽減させることが可能です。

歯列矯正は見た目の美しさだけでなく、口腔内の健康を改善・維持するための重要な治療法でもあります。

上記のポイントを心掛けることで、矯正治療中の生活をより良いものにし、矯正治療の効果を最大限に引き出していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次